F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第9戦無線レビュー(2)】「1周だけモード2だ」独走状態のフェルスタッペンが最速ラップを記録

2021年7月13日

 2021年F1第9戦オーストリアGPのレース後半、マックス・フェルスタッペンが独走を続ける一方で追う立場のルイス・ハミルトンはマシンにダメージを負った。背後には僚友バルテリ・ボッタスやランド・ノリスが迫り、さらにその後方では入賞をかけてジョージ・ラッセルとフェルナンド・アロンソが争っていた。オーストリアGP後半の様子を無線とともに振り返る。


────────────────────


 ルイス・ハミルトンがフロアにダメージを負い、バルテリ・ボッタスには縁石に乗らないよう指示が飛んだ。そんなメルセデスのやり取りを聴いたからだろう、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)もこんな指示を受けた。


ジャンピエロ・ランビアーゼ:できるだけ白線の内側にいるんだ。縁石を避けろ


 一方レース中盤時点のハミルトンは、ますますマシンバランスの悪化に苦しんでいた。


ハミルトン:リヤをだいぶ失っている。これ以上速く走れない


 40周目、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)にアンダーカットを許したシャルル・ルクレール(フェラーリ)が猛追し、ターン4でインを刺す。しかしペレスも譲らず、立ち上がりでわずかに接触、ルクレールはアウト側にコースオフした。


ルクレール:あいつは僕のクルマを壊したんじゃないか?
マルコス・パドロス:大丈夫だ。問題ない

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)&シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第9戦オーストリアGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)&シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 これでペレスに5秒ペナルティが科される。さらに46周目のターン6の攻防で、アウト側のルクレールがまたも押し出されてしまう。


ルクレール:なんだ、あいつは! まただよ!
マルコス・パドロス:5秒ペナルティを受けている


 ペレスはこれで2度目の5秒ペナルティを受けることに。一方、前を行くボッタスにジリジリと差を広げられていた4番手ランド・ノリス(マクラーレン)を、エンジニアのウィル・ジョゼフが励ます。


ジョゼフ:ボッタスはハミルトンを抜くなと言われている。まだ行けるぞ

ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第9戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)


 しかしそれからまもなく、ボッタスの担当エンジニア、リカルド・ムスコーニがこんな提案を出した。


ムスコーニ:ルイスはダメージを受けて胃る。予定のレースはできそうにない。戦略を見直そう


 さらにハミルトンとピーター・ボニントンの間でこんなやりとりが。


ハミルトン:このタイヤでこのまま続かない
ボノ:わかった。オプションで行こう


 そして50周目をすぎたタイミングで、ボッタスにこんな指示が飛ぶ。


ムスコーニ:ルイスと自由に戦っていいぞ


 52周目のターン1でボッタスに順位を譲ったハミルトンは、53周目のターン4であっという間にノリスにも抜かれる。直後にハミルトンはピットに向かった。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)


ボノ:ボックス、ボックス
ハミルトン:どれぐらいダウンフォースを失ってる?
ボノ:ペレスにはフリーストップだ。白線に気をつけろ

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 直前にピットインした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が白線をまたいだことで、2度目のペナルティを受けたばかりだった。この時点でハミルトンは5番手ペレスに30秒以上の差をつけており、4番手を維持してコース復帰した。


 ハミルトンのピットインを受けて、ノリスの担当エンジニア、ジョゼフは「もしかしたらボッタスも2回目のストップするかもしれない」と伝えた。


ジョゼフ:ハミルトンがピットインした。プランAだろう。ボッタスもそうかもしれない


 しかしノリスは、ブレーキの不調を訴える。


ノリス:ブレーキペダルが長くなっているんだけど
ジョゼフ:チェックする。ターン1で少し抑えればいいと思う


 ターン1はブレーキングを残しながら縁石に乗り上げ、ターンインしていく難しいコーナーだ。そこでガツンと踏みすぎるなということか。


 一方、2番手ボッタスに25秒以上の大差をつけ、完全独走態勢に入っていたフェルスタッペンは、60周目に2度目のピットイン。ファステストラップを狙いに行った。


フェルスタッペン:もうちょっと速いペースで行く?
ランビアーゼ:じゃあ1周だけモード2だ。すでに最速(ラップ)は持っているけどね。タイヤを使いすぎるなよ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 フェルスタッペンはすでにピットイン直前の58周目に、30周近く走ったハードタイヤで1分7秒835のファステストを記録していた。それなのでランビアーゼは、「あまりプッシュしする必要はない」と言ったわけだ。しかしこのやり取りの直後、フェルスタッペンは62周目に1分6秒200のとんでもない記録を叩き出した。直後にランビアーゼは、フェルスタッペンにこう伝えた。


ランビアーゼ:右リヤタイヤにカットがあった


 第2スティントを走ったタイヤに、切り傷が見つかった。もしそのまま走り続けていたら、第6戦アゼルバイジャンGPのようにバーストで勝利をフイにしていたかもしれなかった。ランビアーゼにしてみれば薄氷の勝利だったかもしれないが、フェルスタッペンはポール・トゥ・ウインにファステストのおまけもつけて、悠々とチェッカーを受けた。


ランビアーゼ:素晴らしいレースだった。ファステストも獲ったしね
フェルスタッペン:先週よりさらにいいクルマだった。どのタイヤでもよかった。ほとんど現実離れしていたよ。信じられない


 一方、ミディアムタイヤでQ3に進出し、8番グリッドからレーススタートをしたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は、終盤67周目にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)にかわされ11位。ウィリアムズでのポイント獲得は、今回もならなかった。


ジェームズ・アーウィン:ジョージ、グッジョブ。P11だ。でも素晴らしいレースだった
ラッセル:すまない、みんな。できるだけのことはしたけど、アロンソが速かった


 そして7番グリッドスタートの角田も、12位完走に終わった。


マティア・スピニ:2回目の5秒ペナルティを受けたけど、順位は変わらない。ストロールはずっと後ろだからね
角田:わかった……。なんだったの?
スピニ:同じだ。白線を越えた


 2度目のペナルティに関しては、スピニはレース中にはあえて理由の説明は避けたのだろう。角田はさすがに、元気のない声だった。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第9戦オーストリアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号