F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【有料記事】フェラーリF1代表、レースペースに落胆も「全体的に見れば良い週末だった」

2021年6月8日

 F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝を終えたフェラーリF1代表のマッティア・ビノットは、「我々は4位でも失望しているが、それは良い兆候だと言える。チームとして、もはやどんなタイプのコースでも表彰台を争えると考えているからだ。去年はまったくそんな状態ではなかった」と語った。

 シャルル・ルクレールはポールポジションから、またカルロス・サインツJr.は5番グリッドから決勝レースをスタートした。チームとしては、ストレートの競い合いでレッドブル・ホンダのふたりとルイス・ハミルトンを上回るとは考えなかったものの、アストンマーティンF1の1台とアルファタウリ・ホンダの1台には負けたくなかったに違いない。

 マッティア・ビノットが以下のように語ったのはそのためだ。
「今回はベストレースとは言えなかった。あの予選のあとだから、もうすこし良いレースをしたかったが、なかなか難しかった。多くの領域で完璧とは言えなかった。全体に、結果は結果として受け止めるが、いつもと同じく学ぶべきものもあった。改善できることもある。レース全体を振り返ってみれば、改善すべき領域が分かってくる。そのステップが我々にとって重要だ」

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号