F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「チームとして総合力を発揮した印象深いレース」伝統のモナコGPで選手権首位に/ホンダF1山本MDインタビュー(1)

2021年5月26日

 2021年F1第5戦モナコGPの決勝レースでは、ポールポジションのシャルル・ルクレール(フェラーリ)がトラブルによりレースをスタートできず、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが先頭からレースをスタートした。一度も首位の座を譲らず今シーズン2勝目を飾ったフェルスタッペンはドライバーズチャンピオンシップでトップに立ち、レッドブル・ホンダもコンストラクターズ選手権で首位に浮上。伝統のモナコGPで最高の結果を残した。


 ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターはモナコGPについて「本当にいいレースができた」と振り返り、今後もタイトル争いに向けて大事に戦っていきたいと語った。


────────────────────


──モナコGP優勝おめでとうございます。


山本雅史マネージングディレクター(以下、山本MD):ありがとうございます。


──ドライバーズチャンピオンシップ、コンストラクターズチャンピオンシップでトップに立ちました。


山本MD:やっぱり、この伝統のモナコでチームとして優勝できたことを本当にうれしく思います。これでドライバーズ、コンストラクターズの両方のチャンピオンシップでもトップに立ち、マックス自身もモナコ初優勝だし、そういった意味では本当にいいレースができたと思います。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第5戦モナコGP 優勝を喜ぶマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とホンダF1山本雅史マネージングディレクター


──ホンダとしても、モナコでの優勝は1992年のアイルトン・セナ以来です。ガレージはどんな感じでしたか?


山本MD:フロントロウからのスタートということで、ここは伝統のモナコGPだし、何とかホールショットを決めるか、さもなければチームのピット戦略、このどちらかで必ず優勝したいなと思っていました。そうしたら、スタート前に(シャルル・)ルクレールにトラブルが出て、出走できなくなった。そういった意味では流れがレッドブル・ホンダに来ていたのかもしれません。伝統のモナコをマックスが初優勝、そしてチャンピオンシップで、一時的なことですが、トップになったということをうれしく思います。


──今回はルクレールだけでなく、ライバルのメルセデスにもいろんなことがありました。


山本MD:そうですね。やっぱりレースなのでいろいろなことがあって、メルセデスにしては珍しい、ルイス(・ハミルトン)にしても、何か速さがなかったりとか、(バルテリ・)ボッタスもトラブルとか……。そういう意味では今回のモナコGPはレッドブル・ホンダ側には追い風だったかなと結果的に思います。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第5戦モナコGP 右フロントタイヤのナットが外れず、バルテリ・ボッタス(メルセデス)はリタイアに


──そういったラッキーな要素もあったとはいえ、レッドブル・ホンダのレースも素晴らしかったです。特に今日のレースではセルジオ・ペレスが大きく順位を上げることに成功しました。前回のスペインGPではメルセデスに戦略面でやられましたが、今回はレッドブル・ホンダのほうが戦い方が一枚上でした。


山本MD:レッドブルの戦略は今日だけでなく、予選から、ほぼ完璧だったと思います。予選は最後赤旗でマックスがポールを逃してしまいましたが、途中のセクターでもダントツで速かった。元々戦略的に3ラップ目にタイムを出すと決めていたので、そういった意味で非常に残念な予選でした。


 決勝はマックスが速さを見せて、チームも戦略面でその走りをしっかりとサポートしていました。あのピットストップの速さは、ガレージで見ていても感動しました。本当に素晴らしいチーム力。チーム全体として総合力を発揮できたレースだったし、それをモナコで披露でき、印象深いレースになったと思います。


──モナコGPの勝利は、3勝分の価値があると言われます。


山本MD:世界三大レースのひとつなので、そういった意味ではホンダ最後の年として、モナコで勝てたことをうれしく思います。チームのみなさんに感謝ですね。


──クリスチャン・ホーナー代表やヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)たちはレース後、どんな感じでしたか?


山本MD:マルコさんはめちゃくちゃ喜んでいて、ドライバーズ選手権だけでなく、コンストラクターズも含めてダブルでポイントリーダーにもなったし、「ホントか?」って言って喜んでいました。みなさんに本当に感謝です。


──序盤戦を終えて2勝3敗ですが、トップに立ったという結果をどのように受け止めていますか?


山本MD:やっぱり(大きく順位を)落とさないことが大切なんだな、と。昨年と違って今年はまだレースを落としていない。2位なら2位、3位なら3位と毎戦いいレースができてると思います。23戦の5戦が終わったばかりなので、まだわからない。1戦1戦大事に戦っていきたいと思います。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第5戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第5戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

山本雅史(ホンダF1 マネージングディレクター)
2021年F1第5戦モナコGP 山本雅史(ホンダF1 マネージングディレクター)



(Masahiro Owari)




レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号