F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ甘口コラム F1第3戦&第4戦:チャンピオンシップで首位ハミルトンに食い下がるフェルスタッペン

2021年5月17日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブルの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レッドブル・ホンダの走りを批評します。今回はF1第3戦ポルトガルGP&第4戦スペインGPの週末を甘口の視点でジャッジ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2021年シーズン初の2週連続開催は、メルセデスの2連勝に終わった。これでホンダの今シーズンの勝敗は1勝3敗となった。

 開幕前のプレシーズンテストの結果から考えると、この2連戦はできれば2連勝、悪くとも1勝1敗で行きたかったところだろう。しかし、ドライバーズ選手権は94点でトップを走るルイス・ハミルトン(メルセデス)に対して、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は80点と、47点の3位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)以下を大きく引き離して、マッチレースを展開している。

 昨年のドライバーズ選手権の4戦目を終了した時点での差は、トップのハミルトンが88点で、フェルスタッペンは52点の3位だったことを考えれば、今年のホンダがいかにメルセデスに接近したパフォーマンスを披露しているかがわかる。

 それはポルトガルGPとスペインGPの予選およびレース結果にも表れている。

 ポルトガルGPは、2番手を走行していたフェルスタッペンがレース終盤に逆転優勝をあきらめて、ファステストラップの1点を取り入ったため、最終的なハミルトンとの差は29秒となったが、それがなければ、「最終的に5秒遅れくらいでフィニッシュできたと思う」(田辺豊治F1テクニカルディレクター)と言う。

 昨年のポルトガルGPでフェルスタッペンは優勝したハミルトンから30秒以上遅れて3位でフィニッシュしていたことを考えると大きな前進といってよく、ホンダ田辺TDも「数カ月後ここに戻ってきての、われわれの戦闘力は昨年のポジションと比べると、今年の開幕1、2戦同様、(メルセデスと接近していることを)裏付けになるような結果だった」と振り返っていた。

 スペインGPでは予選で、メルセデスとのギャップを詰めていた。昨年のスペインGPの予選は、フェルスタッペンが3番手だったが、それはポールポジションのハミルトンからコンマ7秒遅れだった。それが今年のスペインGPの予選でフェルスタッペンは、1000分の36秒差。ボッタスを上回って2番手に食い込んだ。

「前戦ポルトガルでもコンマ何秒だったが、今回もわずかな差になったということを含め、(メルセデスとの差が)小さくなったことは非常に喜ばしいことだと感じています。ただ、とにかく追いつけ追い越せの状態は変わりなく、今後もパフォーマンスを上げて、さらに向上させていかないといけないと思っています」(田辺TD)

 ホンダがメルセデスに追いつきつつあることは、間違いないことを確認できた2連戦だった。

(Masahiro Owari)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号