F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1デビュー戦で9位獲得の角田裕毅の“先輩”は、あの総監督!?

2021年4月1日

 2014年の小林可夢偉以来、7年ぶりに誕生した日本人F1ドライバー、角田裕毅。角田は先日のF1開幕戦バーレーンGPで9位入賞を果たした。


 いきなりの緒戦快走で話題を呼んでいるが、実は44年前、同じくF1デビュー戦を9位フィニッシュで終えた“先輩”日本人ドライバーがいた。


 その名は高橋国光。レースファンなら知らぬ者はいない2輪、4輪モータースポーツ界のレジェンドだ。


 TEAM KUNIMITSU総監督として終始にこやかな笑顔をたたえる現在の姿からは想像もつかないかもしれないが、実は国さんは『元F1ドライバー』でもあったのだ。


 44年前といえば1977年。この年、日本で初めてF1日本GPが開催された。国さんはティレル007・フォードを駆って22番グリッドから着実に順位を上げ、9位で完走した。


 当時37歳の国さんは、すでに4輪のビッグマシン、ニッサンR381やR382を駆るなどニッサンのワークスドライバーとして10年以上のキャリアの持ち主で、コースは走り込んでいた富士スピードウェイだったことなど、角田がおかれた状況とはまったく異なるが、それでも日本とF1との距離がまだまだ遠かった70年代、しかもマシンは3年落ち(当時のティレルの最新マシンは6輪車『P34』)という状況下での9位は殊勲賞ものだったんじゃないだろうか。


 伝説は国さんだけにとどまらない。さらにその1年前、1976年に富士で開催された日本初のF1グランプリ、『F1世界選手権イン・ジャパン(諸事情で大会名称に日本GPが使用できなかったため、初めてのF1日本GPは厳密に言えば1977年となる)』ではもうひとり、高原敬武(たかはら・のりたけ)がこちらも9位で完走している。


 1976年の“富士F1”といえば、日本のコジマが生み出した『KE007(長谷見昌弘)』の“幻のポール”や、豪雨の決勝での星野一義の快走などがよく知られるが、日本勢最上位フィニッシュは高原だったというわけだ。


 3人の果たした9位完走の意味は当然それぞれ異なるが、それでもなんだか、ハタチの新鋭を通じて45年前と比べてみるのも、面白いではないか。


 しかし高原は、実はこれがF1デビュー戦ではなかった。1974年にイギリスのシルバーストンで開催された非選手権戦にビットリオ・ブランビラの代役としてマーチ741・フォードを駆り出場。手堅く11位でゴールへマシンを運んでいる。


 つまり高原もF1マシンでの実戦経験があったし、もっと言えばF1と同格のDFVエンジンを国内レース(富士グランチャンピオンシリーズ、通称GC)へ投入して大パワーの経験も積んでいた。


 GCでは2度(1976年を含むと3度)タイトルを獲得していた高原にとっても富士はやはり“庭”だったから、これまた角田とは異なる状況だが、それでもこれから偉業を成していくだろう角田と45年前の先達が刻んだリザルトには“共通点”があった……そんな豆知識を知っておいてほしい。


 いやもちろん「ただ順位が偶然一緒だったというだけ」と言われればその通り……なんだけどさ。

1976年富士F1での高原敬武。マシンはサーティースTS19・フォード。こちらも9位で完走したが、本人的には“実質2戦目”のF1レースだった。
1976年富士F1での高原敬武。マシンはサーティースTS19・フォード。こちらも9位で完走したが、本人的には“実質2戦目”のF1レースだった。


* * * * * *


 現在発売中の『レーシングオン No.512』では、ここに登場する高橋国光さんおよび富士GCを大特集。“国さん”のロングインタビューや数々の偉業と搭乗マシン、さらに土屋圭市やジェンソン・バトンらが寄せる文部科学省スポーツ功労者顕彰へのお祝いコメントなども収録しています。


 富士GC特集では高原のインタビューのほかローラ、マーチ、GRDなど当時のGCマシンたちを詳解するなど2座席時代の富士GCファン必見の内容となっています。


 詳細と購入は三栄オンライン(https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11828)まで。

レーシングオン No.512 富士グランチャン
Racing on No.512 富士グランチャンの購入はこちらから

レーシングオンNo.512 富士グランチャン/高橋国光

オールカラー116ページ
定価:1680円



(Text:Racing on
Photo:SAN-EI)




レース

5/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン94
2位マックス・フェルスタッペン80
3位バルテリ・ボッタス47
4位ランド・ノリス41
5位シャルル・ルクレール40
6位セルジオ・ペレス32
7位ダニエル・リカルド24
8位カルロス・サインツJr.20
9位エステバン・オコン10
10位ピエール・ガスリー8

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位メルセデス141
2位レッドブル・ホンダ112
3位マクラーレン65
4位フェラーリ60
5位アルピーヌ15
6位アルファタウリ・ホンダ10
7位アストンマーティン5
8位アルファロメオ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦カナダGP 6/13
第8戦フランスGP 6/27
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第2戦 エミリア・ロマーニャGP号