F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【気になる一言】フェルスタッペン「もっとアグレッシブな作戦を採るべきだった」保守的すぎた戦略に不満

2020年12月1日

 レース後、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は明らかに不機嫌だった。


 まず、レース直後のパルクフェルメでは、デビッド・クルサードのインタビューに、こう答えた。


「今日の僕たちの戦略は、少し積極性に欠けていたね。ピットストップのタイミングが遅かったよ。まあ、しょうがない。2位なら悪くない」


 しかし、表彰式の後に行われたFIAのトップ3会見では、フェルスタッペンにしては珍しく、優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)を凌ぐ、熱弁を繰り広げた。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


「僕たちは(メルセデスに)プレッシャーをかけなきゃいけない立場なんだ。それなのに、今日の戦略は逆だった。あまりにコンサバだった。僕たちは(メルセデスより多くのハード)タイヤがあったんだから、もっとアグレッシブな作戦を採るべきだったんだ」


「でも、そうしなかった。逆に僕たちよりも先に1回目のピットストップをルイスが行った。その直後に僕がピットインして、当然ながら(たくさん持っていた)ハードタイヤに交換した。今日はハードタイヤが正解だったからね。2回目のピットストップでは少し作業に問題があった。何が起きたのかはわからない」


「それでルイスとの差はまた4秒ぐらいに戻ってしまった。まあ、今日の僕たちはライバルに対して少しペースが落ちていたことは確かだけど、もっといいレースができたはずだし、もっとメルセデスにプレッシャーをかけられたと思う。でも、それをしなかった」


「もちろん、2位は悪くない結果だけど、このようなやり方での2位はとても満足はできない。もっと積極的なレースをしたかった。もちろん、そうしていても、勝てなかったかもしれないよ。でも、僕たちは失うものは何もなかった。だって、それでも2位は確実だったんだから。でも、そうしなかった。なぜ手堅い作戦を採ったのかわからない」


 そこで、記者からは「レッドブルでは誰がピットストップ戦略を立てているのか。そして、なぜレースでそれ主張しなかったのか」と尋ねられたフェルスタッペンは、こう答えた。


「それをいまさら言っても仕方ないし、これからチームに戻って話すよ。レース中にあれこれ話し合っている暇はないからね。まあ、シーズン終了後に、じっくりと話し合うのが一番かな」

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号