F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「マシンのGフォースのせいで僕の目は完全に充血した」ラッセル、F1初テストを振り返る

2020年4月14日

 ジョージ・ラッセルのF1マシンでの初走行の記憶は、今も彼の心に残っている。ラッセルは1日の終わりには目が“充血していた”ことを覚えているという。


 ラッセルは2017年にGP3(現在のFIA-F3)でタイトルを獲得すると、2018年にはFIA-F2でチャンピオンに輝いた。そして2019年にはF1に昇格し、ウイリアムズからF1デビューを果たした。


 メルセデスの育成ドライバーとして、ラッセルはF1マシンでコースを実際に走る前に、チームのために数千マイルにおよぶシミュレーターテストを行っていた。


 ラッセルの人生で初めてのF1テストは、2017年にポルトガルのポルティマオで行われた。そこでラッセルはメルセデスの2015年型マシン『W06』を託された。最近のBBCのインタビューで、ラッセルはこのテストで初めてF1マシンをドライブした経験について詳しく話した。


「マシンは信じられないほど速かった」とラッセルは振り返った。


「正直なところ、すごい衝撃だった。初めて走行した時、僕はF3マシンからF1マシンに乗り換えたのだけど、心が追いついていかないような感じだった。最初の印象はそのスピードだった」


「ブレーキングをするにしてもコーナーに時速200マイル(約321.8km)で入っていく。コーナーの100メートル手前でブレーキをかけているんだ。正気の沙汰ではなかったね。それに目がついていかなかった」


「実際、F1マシンでの最初の1日を終えた後、僕の目は完全に充血していた。Gフォースのせいだと思う。最初の3日間でそうなったんだ。最後には僕の目は完全に真っ赤になっていたよ」


「ただ信じられなかったね。身体があのようなマシンに慣れるのには時間がかかるんだ。今では完全に慣れたけれど、あの時は驚きだった」

2017年GP3第5戦スパ・フランコルシャン レース1 ジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)
2017年GP3第5戦スパ・フランコルシャン レース1 ジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号