F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

新型肺炎流行による入国制限がF1シーズン序盤戦に大きな影響。バーレーンは特例措置も、ベトナムに懸念

2020年3月4日

 新型コロナウイルス感染拡大により、ベトナムがイタリア等からの入国を制限していることで、F1ベトナムGP開催への懸念がさらに高まっている。


 中国から新型コロナウイルスによる肺炎の流行が始まり、世界的に感染者数が増加、WHO世界保健機関は、現在特に懸念している国として、韓国、イタリア、イラン、日本を挙げている。


 4月19日開催予定だった中国GPはすでに延期が決まっている一方で、F1序盤3戦オーストラリアGP(3月15日)、バーレーンGP(3月22日)、ベトナムGP(4月5日)は現時点では開催の予定に変更はない。しかし各国が渡航制限、入国制限を設け始めたことが、スタッフの移動に大きな影響を及ぼしつつあることは間違いない。


 ベトナムは、当面、中国、韓国の感染地域、イタリア、イランのからの渡航者に対し、入国規制を行うとして、入国予定日までの14日以内に上記地域に滞在、経由した者には、入国禁止措置あるいは隔離措置をとることを決めている。従って、イタリアを本拠とするフェラーリ、アルファタウリ、ピレリなどがこの影響を受けることが懸念されている。


 F1ベトナムGP自体に延期・中止の動きはないものの、スムーズに入国するため、イタリアのF1関係者は、バーレーンGPからイタリアに戻らず、ベトナムに向かわなければならないかもしれない。


 一方、バーレーンも、当面、到着の14日前までに感染地域とみなした国からの入国を禁止・制限している。しかし3日午後、バーレーンGP主催者は、バーレーン入国管理局および保健当局の協力のもと、F1チームと関係者、F1の管理者、放送局およびメディア関係者に関しては、特別な措置を講じるべく動いていることを明らかにした。

2019年F1第2戦バーレーンGP金曜日 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2019年F1第2戦バーレーンGP金曜日 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 オーガナイザーは、バーレーン到着前14日間に中国(香港を含む)、イラン、イラク、イタリア、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、エジプト、レバノン、タイに滞在あるいは経由した関係者を含む入国予定者に関して、フライトの詳細を明らかにするよう要請した。


 入国希望者は、バーレーン空港に到着時に、コロナウイルスの検査を受け、感染していなければ、入国が許可される見通しだということだ。


 各国の渡航者への措置は流動的であるため、今後の状況を注視していく必要がある。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン131
2位ルイス・ハミルトン119
3位セルジオ・ペレス84
4位ランド・ノリス76
5位バルテリ・ボッタス59
6位シャルル・ルクレール52
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー37
9位ダニエル・リカルド34
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※フランスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ215
2位メルセデス178
3位マクラーレン110
4位フェラーリ94
5位アルファタウリ・ホンダ45
6位アストンマーティン40
7位アルピーヌ29
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号