F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

新型肺炎流行の影響が懸念されるF1ベトナムGP、新サーキットの完成を発表「予定どおり開催」とF1ボス

2020年3月1日

 F1ベトナムGP主催者は、初開催のグランプリの会場となるハノイ・サーキットが完成したことを発表した。


 先週5.6kmのコースの最終セクションが舗装され、コースのピット施設とインフラ設備も完成した。


 レースは4月5日に予定されているものの、隣国の中国を中心にコロナウイルスの感染拡大が続いており、ベトナムにも影響していることが、地元主催者とF1の懸念事項となっており、両者は流動的な状況の監視を続けている。


 そんななか、ベトナムGP主催者は、ハノイ・サーキットの完成を今週発表した。


「これは私たちにとって記念すべき大きな節目です。ベトナムでの最初のF1レースウイーク開催があと1カ月ほどのところまで近づいているのですから」とベトナムGPコーポレーション(VGPC)代表のレ・ゴック・チーは語った。


「F1マシンが、この素晴らしいサーキットでレースをするという特別な光景を目にすることに、これ以上ないほど興奮しています」


「VGPCのチーム全体にとって、大きく誇るべき瞬間となるでしょう。また、最新のF1コースを期限までに完成させるためのハードワークは称賛に値するものです」


 ハノイ・サーキットは、公道と専用部分で構成されており、コースレイアウト設計はF1界の高名な建築家であるヘルマン・ティルケのオフィスが、一部支援した。


「ティルケのオフィスの皆さんと、F1のモータースポーツ部門からの支援により、私たちはこのコースがF1シーズンのなかでも最もチャレンジングでエキサイティングなコースのひとつになるだろうと、自信を持って言えます。このコースがすぐにファンのお気に入りになることを、楽しみにしています」とゴック・チーは付け加えた。


「グランドスタンドや、その他の仮設建築物すべてがコースを取り囲んでいます。F1ビンファスト・ベトナムGP2020に向けた興奮はハノイを取り巻いており、これからも高まり続けていくでしょう」


「準備はできています。間もなくハノイに世界を迎えられることが、待ちきれない思いです」


 4月19日開催予定だった中国GPはすでに延期が決まっているが、4月5日のベトナムGPについては、現時点では延期あるいは中止の予定はないと、F1のCEOであるチェイス・キャリーは今週コメントした。


 一方で、感染が拡大した地域からの入国制限を定める国が増えつつあることがF1開催に影響する可能性も懸念されている。第2戦を開催するバーレーンも入国制限の措置をとっており、キャリーはそういった問題も含め、日々注視していくと述べている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号