F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビサ、アルファロメオC39に衝撃「思考が止まり、フィーリングを解き放つのに2、3周かかった」

2020年2月27日

 アルファロメオのリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、アルファロメオの2020年型マシン『C39』と、2019年にレースをしたウイリアムズのマシンを比較して、C39が生み出すダウンフォースレベルに対して大いに驚いたようだ。


 第2回目のバルセロナテスト初日の午前、カタロニア・サーキットでクビサはトップタイムを記録した。クビサは全力を尽くし、2番手タイムを記録したアルファタウリのピエール・ガスリーを0.5秒以上も上回った。


 しかし35歳のクビサは、自身が達成したことを重要視していなかった。


「下位グループに目を向ければ、僕はいつも順位の低いドライバーだが、そのことは問題ではない」とクビサは午前中の走行のあとで控え目に語った。


「重要なのはフィーリングで、今日はいくつか興味深いことがある1日だった。これからそうした点について、データと僕の得たフィーリングとともに検討していく」


「うまくいけば、明確な結果が得られるだろう。初日午前のセッションは、コースのグリップなどのせいで決して簡単にはいかないものだが、今日のフィーリングは非常に良かった」


 C39をドライブした2日半のテストにおいて、クビサにとって重要だったのは、2019年シーズンに彼が駆ったマシンと比較してのダウンフォースレベルだった。


「人々は通常、速く走るほどにさらに難しくなると思っている。でも今年出した1分17秒台と、昨年出した1分19秒台や1分20秒台では、難易度が少し違うと言える」


「先週の午前中、最初の1周で僕の思考は止まってしまった。よりグリップがあることを感じることができたし、さらに速く走れたが、頭は『これまでそんなことは不可能だった』と言っていた」


「本当のフィーリングを解き放つのに2、3周かかったようなものだった。でもご存知のとおり、このパドックには偉大なひとりの友人がいる。このスポーツはタフだから、ここでの友人は多くないが、ダウンフォースというひとりの強力な友人がいるんだ」

2020年F1第2回バルセロナテスト1日目:トップタイムで走行を終えたロバート・クビサ



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 25:30〜26:30
フリー走行2回目 翌5:00〜翌6:00
10/23(土) フリー走行3回目 翌3:00〜翌4:00
予選 翌6:00〜翌7:00
10/24(日) 決勝 翌4:00〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号