F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム カナダGP編:“驚き”はなくなったものの、ホンダ勢の3台入賞は進化の証

2019年6月17日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第7戦カナダGPを甘口の視点でジャッジ。

----------------

 2015年にF1に復帰してから昨年まで、ホンダ製パワーユニット(PU/エンジン)を搭載したマシンがポイントを獲得できていなかったグランプリが6つあった。オーストラリアGP、中国GP、カナダGP、フランスGP、イタリアGP、日本GPだ。

 このうち、開幕戦オーストラリアGPと第3戦中国GPは今年になって入賞したので、第7戦カナダGPでのホンダ勢のパフォーマンスが注目されたが、オーストラリアGP、中国GPと同様、今回もポイントを獲得し、開幕からの連続入賞を続けている。

 カナダGPが行われるモントリオールは、ストレートを低速コーナーでつないだパワーサーキットだが、ホンダPUを搭載する4台のうち、3台がトップ10入フィニッシュしたという点も心強い。ここまでの7戦で同じようなパワーサーキットだったバクー(第4戦アゼルバイジャンGP)では、ホンダ勢は2台しかポイントを獲得していなかったことを考えると、カナダGPでの結果は着実に前進していることをうかがわせる。

 しかも、カナダGPではレッドブルのマックス・フェルスタッペンが予選でQ2落ちしていたことも忘れてはならない。このQ2落ちは、もちろんフェルスタッペンの本来の実力ではなく、最後のアタック中に出された赤旗によって、タイムを更新できなかったためだった。





レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号