F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリ「タイヤには厳しいコンディションのなか、見応えのあるバトルが終始展開された」

2019年6月11日

2019 カナダグランプリ 決勝
2019年6月9日、モントリオール


 フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップでフィニッシュしましたが、ベッテルには5秒ペナルティーが課されたことから、カナダグランプリの優勝は、メルセデスのルイス・ハミルトンとなりました。トップ4を占めたフェラーリとメルセデスのドライバーは、4位のバルテリ・ボッタスを除き、我々が最速戦略と予測したミディアムからハードへ繋ぐ1ストップ戦略を採りました。

■キーポイント

・近年で最も高温下でのカナダグランプリ決勝となり、スタート時の気温は30度、路面温度は50度を上回っていました。


・ポールポジションからスタートしたベッテルは26周目に、ハミルトンは28周目にそれぞれピットストップを行いました。両ドライバーは、僅差の中で終始トップ争いを繰り広げました。その闘いは、ベッテルに対してレース・スチュワードから課された『アンセーフ・リエントリー』ペナルティーによって決着しました。


・9番グリッドからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ハードタイヤでの長いオープニングスティント後、ミディアムでのファイナルスティントを走行しました。これと同じ戦略を採ったレーシング・ポイントのランス・ストロールは9位を獲得しました。


・高温のコンディションにもかかわらず、1ストップが主流のレースとなりました。注目すべき例外は、メルセデスのバルテリ・ボッタスでした。ボッタスは、終盤にソフトタイヤへ交換する2回目のピットストップを行い、ファステストラップポイントを獲得しました。


・ルノーは、ソフトからハードへと繋ぐ1ストップ戦略で、今シーズン初めてとなる両ドライバー入賞を果たしました。トップ6で4種類の異なる戦略が実行されました。

各コンパウンドのパフォーマンス

・ハード C3:その耐久性が高温下のレースに適応したハードは、全般的に積極的に使用されました。スタートから48周をハードで走行したフェルスタッペンは、4つのポジションアップに成功しました。


・ミディアム C4:ミディアムは、勝利の鍵を握るタイヤとなりました。トップ10グリッド中、ミディアムでスタートしたドライバーが、フィニッシュ時のトップ4を占めました。レースの序盤、高速のペースにもかかわらず、ミディアムのデグラレーションは予測よりも小さいものでした。


・ソフト C5:高温のコンディションがソフトのサーマルデグラデーションを誘発したことから、ソフトでのスティントは比較的短くなりました。終盤にソフトで計測されたファステストラップは、これまでのラップレコードを更新しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント

「スタート時の路面温度が52度という非常に高温なコンディション下、両ドライバー合わせて9回のタイトルを獲得している2人のチャンピオンによる見応えある闘いが終始展開されました。今日のコンディションは、明らかにソフトコンパウンドに影響を及ぼしましたが、ミディアムのサーマルデグラデーションは予測よりも小さいものでした」


「全体的に、タイヤはコンディションの厳しさに対応し、大半のドライバーが1ストップを実行しました。ミディアムからハードへ交換する1ストップ戦略が、今日の最適な戦略でした。また、ハードで長いオープニングスティントを走行したマックス・フェルスタッペンとランス・ストロールは、ハードを上手く活用し、価値あるポイントを獲得しました」

2019年F1第7戦カナダGP レースインフォグラフィックス
2019年F1第7戦カナダGP レースインフォグラフィックス

2019年F1第7戦カナダGP レースインフォグラフィックス
2019年F1第7戦カナダGP レースインフォグラフィックス


■コンパウンド毎のラップタイム上位:
・ハードタイヤ

シャルル・ルクレール:1’14.356
ルイス・ハミルトン:1’14.813
バルテリ・ボッタス:1’14.848


・ミディアムタイヤ
マックス・フェルスタッペン:1’14.767
ランス・ストロール:1’16.043
アントニオ・ジョビナッツィ:1’16.413


・ソフトタイヤ
バルテリ・ボッタス:1’13.078
キミ・ライコネン:1’15.442
ニコ・ヒュルケンベルグ:1’17.150


■最長スティント
・ハードC3:
カルロス・サインツ 65Laps
・ミディアムC4:アントニオ・ジョビナッツィ 35Laps
・ソフトC5:ニコ・ヒュルケンベルグ 16Laps



(ピレリ ジャパン プレスリリース)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号