F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

オーバーテイク増加狙うF1、カナダGPで3カ所のDRSゾーンを設置

2018年6月6日

 2018年のF1第7戦カナダGPにおいて、FIAはDRSゾーンを増設し、3カ所に設けることを決めた。
               


 昨年はDRSディテクションポイントがターン9の後に、アクティベーションゾーンはターン12の後とターン14の後の2カ所に設置されていた。今年はこれに加え、ターン5の後にディテクションポイント、ターン7の後にアクティベーションゾーンが設けられることが明らかになった。


 オーバーテイクの促進を重要視しているF1は、今年の開幕戦オーストラリアで、初めて3カ所のDRSゾーンを導入した。それにもかかわらず、オーストラリアではオーバーテイクの増加がみられなかった。


 FIAは2019年にDRSの効果を向上させようとしており、空力面において新技術規則を導入すると同時に、DRSゾーンを変更することも考えている。



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号