F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

チームの杜撰な戦略にキミはそろそろ怒った方が良い【今宮純のF1バーレーン&中国GP採点】

2018年4月21日

 F1ジャーナリストの今宮純氏が独自の視点でドライバーを採点。週末を通して、20人のドライバーから「ベスト・イレブン」を選出。予選やレースの結果だけにとらわれず、3日間のパドックでの振る舞い、そしてコース上での走りを重視して評価する。今回は第2戦バーレーン&第3戦中国GP編だ。
—————————————


☆ ランス・ストロール

F1第3戦中国GP ランス・ストロール

 久々に星を。深刻なパフォーマンス低下現象が続きこの2戦、昨年予選タイムよりも遅いウイリアムズ。その情況で開幕から連続14位は2年目の進化と言えるだろう。中国では1周目に6台をかわし12位へ、これが効いた。


☆ エステバン・オコン

F1第3戦中国GP エステバン・オコン

 きっちり完走を果たすには小さなミスもしてはいけない。中団ど真ん中にいる現在のフォース・インディアで10位入賞と11位、彼らしさを発揮。最終スティントではウルトラソフトで最長25周カバー、苦戦で腕を磨いている。


☆☆ ピエール・ガスリー

F1バーレーンGP 4位入賞祝いにトロロッソ・ホンダが記念撮影

 ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治が20日、「ジェットコースターのような乱高下でした」と言ってきたこの2レース。


 明(4位)と暗(18位)をいきなり体験したガスリー、次戦までの間チームとともに“反省会”が行われている。なにを学ぶか、トロロッソ・ホンダ……。


☆☆ マーカス・エリクソン

F1第3戦中国GP マーカス・エリクソン

 今年初めての星を。新たなチームメイトが初日FP1から先行するのを巻き返していくのが目立つ。彼自身、49戦未入賞記録をバーレーンGPで止め、アルファロメオとしては(チーム形態は違っても)84年以来の入賞だ。


☆☆☆ ケビン・マグヌッセン
 粗さが見られたレース展開が今年は変わり、コンスタントに結果につなげている。中国ではフリー走行6〜7番手をキープ、予選ではタイヤ熱入れがうまくいかず11番手となったものの2戦連続入賞。第3戦時点でハースの全得点を上げている。


☆☆☆ ニコ・ヒュルケンベルグ
 珍しい記録、昨年メキシコGPから6戦ずっと7番グリッド。ビッグ3チームに次ぐ“ハイ・ポジション”なのだ。そこからリタイア(PU)、10位、6位、7位、6位、6位、地味でも堅実なレースでカルロス・サインツJr.をリード。


☆☆☆ バルテリ・ボッタス
 中国GP終盤に6コーナーで刺されたのは決して、彼自身の判断ミスではない。一瞬ブロック・ラインをとったがあのミディアムではあれが精一杯、


 もっとインを守っても出口ラインが窮屈になる(抜かれただろう)。お互い接触せずにレースをまっとうすることを優先、“カッコワルイ”が2位を堅持。それくらいのスピードしか彼のメルセデスにはなかった。


☆☆☆☆ セバスチャン・ベッテル
 年長のマーク・ウエーバーに対してもこういう仕草をしていた。中国GPグリッドでPPに着いたとき、ノーズを右寄せして隣のキミ・ライコネンを警戒する動き。
 最前列グリッドのどちらもグリップレベルに大差ない上海なので。普通に加速したチームメイトにぐいぐい幅寄せは、黒いベッテル(失礼)の真骨頂だ。レッドブル連覇期に近いエースなベッテル、予選Q3アタックでのセクターベスト揃えはさすが……。


☆☆☆☆ フェルナンド・アロンソ
 動物的なカンなのか、接近戦で相手の隙を突いていく反射行動は今も高いレベルにある。中国GP55周目、1〜2〜3コーナーでベッテル相手に見せた動きがまさにそう。


 こういう抜き方はアロンソならではでダニエル・リカルドとは違う。相手の動きがスローモーションに映るから、自分はクイックにいける。今のマクラーレン・マシン状態で、傷を負ったフェラーリを斬る技は剣豪の技……。


☆☆☆☆ ダニエル・リカルド
 チャンピオンだろうとずばずば抜いていった中国GP、その曲技をたっぷり鑑賞できた。ブレーキングで抜くために、ペダルストロークに特殊な設定をしているのだろう。


 蹴っ飛ばすような踏力に見合う減速力、マックス・フェルスタッペンとは違うと思われる。今年3戦で2度目の最速ラップ、レース中の速さ(ペース)は秀逸だ。明らかに予選よりレース・セッティングに向けたセットアップをよく考えている。


☆☆☆☆☆ キミ・ライコネン
 「もう怒れよ、キミ!」。合同テスト段階から、個人的にSF71Hはフロント挙動が彼にぴったりと言ってきた。


 この2連戦もフリー走行でベッテルより遅かったのは、たったの1セッションだけ。乗れているのになぜか予選コースイン順など不可解で、決勝でもチームはほったらかし。


 なにか契約書の最後ページに“留意事項”でもあるのか。


「?チームの判断は常に正しい。?チームは誤りを犯す、しかしそう思ったときは?に従うこと……」


 何かをのみこみ、我慢しながらコース上を疾走するライコネン、イタリア・メディアが彼に同情するのも当然のこと。こんなことが続くと、もう辞めてしまうかも……。



(Jun Imamiya)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP