F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツJr.、現在もレッドブルF1との契約が残るもルノーとの将来を見据えた発言

2018年4月20日

 カルロス・サインツJr.はルノーF1での仕事やレースを楽しんでおり、自分の将来はレッドブルではなく、前途有望なルノーとともにあるのかもしれないと考えている。


 サインツJr.はF1キャリアの始めを、トロロッソで約3年間にわたって過ごしている。その後、レッドブルが2017年最後の4レースと2018年シーズン全期間にかけてワークスチームのルノーに貸し出すことに同意したため、彼はステップアップを果たすことができた。


 そのためサインツJr.は現在もレッドブルとの契約下にあり、来年はチームに呼び戻される可能性もある。


 しかし23歳のサインツJr.は現在のレース環境を高く評価しており、徐々にではあるが確実に強くなっているチームの見通しについて、肯定的な見方をしている。


「間違いなく将来はルノーとともにある。もしそうなるのなら、僕は準備ができているよ」とサインツJr.はSky F1のサイモン・ラゼンビーに語った。


「チームをとても気に入っている。とりわけ、チームは前進しているからね。投資も行なわれているし、メカニックやエンジニアたちも良い雰囲気を感じているんだ」


 4度のF1世界チャンピオンであり、ルノーのアドバイザーを務めるアラン・プロストはサインツJr.の起用を確保させた人物だが、チームは正しい判断を下したと考えている。


 サインツJr.とニコ・ヒュルケンベルグを組ませたことで、ルノーのドライバーラインアップはグリッド上で最も確かで着実なものになった。


 ヒュルケンベルグは今年に入ってすべてのレースでポイントを獲得している一方、サインツJr.はバーレーンでのみトップ10位以内のフィニッシュを逃している。


「我々は(サインツJr.を起用することが)リスクだと分かっていた。でもこの種のリスクは取った方がいい」とプロストは言う。


「チームにとって前進することは重要だ。チームにとってもニコにとっても良い判断だった。なぜなら今、彼のレベルが一段と高まったことが見てとれるからだ」


 ルノーは現在コンストラクターズランキングで5位につけており、手の届かないトップ3の先頭集団の後ろで、中位グループのライバルであるマクラーレンに3ポイントの差をつけられている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号