F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、ライバルとのパフォーマンス差を埋めるべく作業中。「チームを信じる」とウォルフ

2018年4月18日

 メルセデスF1のチーフレースエンジニアを務めるアンドリュー・ショブリンは、中国GPでのメルセデスが直接のライバルたちに比べてパフォーマンスが劣っていた理由について、綿密に調べる必要があると述べている。


 2014年以来、そしてF1にハイブリッド時代が到来して以来初めて、メルセデスはシーズン開幕の3戦で優勝を逃した。


 メルセデスの圧倒的な成功を考えると、かえって今の状態は新鮮だと多くの人々が感じている一方で、ショブリンは予選と決勝の両仕様でW09のパフォーマンスを引き上げるため、現在チームは全力を傾けているところだと主張する。


「単純に、今日は同じ戦略でレッドブルに勝つだけのペースがなかった。今週末のマシンのパフォーマンスに関して、真摯に向き合う必要がある。予選と決勝のコンディションは大きく異なっていたが、我々はいずれにおいても最速ではなかった」とショブリンは中国GPの決勝後に話している。


「次に我々はバクーへ向かうが、そこでのコースは大きく異なるタイプのものだ。また接戦になるのは間違いないだろうと予想している。多くの分野でやるべき仕事があり、予選と決勝の両方でペースを改善する必要がある」


「このチャンピオンシップは誰が勝ってもおかしくない。今後数週間から1カ月で弱点の克服に努めるため、我々は全力で作業にあたる予定だ」


 メルセデスF1チームのトップを務めるトト・ウォルフは、ブラックリーとブリックスワースのクルーの決意と才能によって、世界チャンピオンであるメルセデスが復活するだろうと信じている。


「F1ではその場しのぎの修正などはあり得ない。いかに早く状況が変わってしまうかは、見ていれば分かるだろう」とウォルフ。


「テストとメルボルンではマシンが圧倒的だったので、我々がチャンピオンシップを独占すると予想していたかもしれない。そしてどうだ、3戦が終わったが我々は優勝できていない」


「このチームは優れた人々の集団だと私は考えている。我々はともに額を寄せ合い、落ち着いて熟慮し、解決策を考え出すだろう」


「私はチームの面々に多大な信頼をおいている。彼らは過去にも、それを証明してきたのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編