F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1、2024年型マシンの名称を発表。9年続くスタイルを踏襲し『SF-24』に

2024年1月30日

 スクーデリア・フェラーリは、2024年シーズンにレッドブルや他のライバルたちと戦う2024年型マシンの名称が『SF-24』となることを明らかにした。


 2023年はレッドブルの最高の年となり、22戦中21勝という記録的な勝利を収め、チームとマックス・フェルスタッペンがそれぞれコンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権のタイトルを獲得した。しかし、フェラーリはレッドブルに唯一の敗北を味わわせたチームだ。シンガポールGPでは、フェラーリとカルロス・サインツの完璧なパフォーマンスで優勝を飾った。

2023年F1第16戦シンガポールGP カルロス・サインツ(フェラーリ)が優勝
2023年F1第16戦シンガポールGP カルロス・サインツ(フェラーリ)が優勝


 新型マシンSF-24は2月13日に発表予定で、2月21日にバーレーンでプレシーズンテストが始まる前に、ファンにこのマシンを初公開することになる。スクーデリア・フェラーリの『SF』という呼称は2015年から続いているが、2022年にはスクーデリア・フェラーリの75周年を記念してF1-75という名称が使用された。


 フェラーリはSF-24がF1のトップに返り咲くことを望んでいる。マラネロからのうわさでは、チームは最新のデザインで大幅な進歩を遂げたということだ。新型マシンとともに決意を新たにしたフェラーリは、レッドブルや他のライバルたちと覇権争いを繰り広げる準備ができており、ファンは激しくスリリングなアクションを繰り広げることを望んでいる。


 2024年のフェラーリのドライバーラインアップに変更はない。シャルル・ルクレールは最近チームと複数年契約を締結し、現在の契約が2024年末に満了するサインツは、チームとの交渉を続けている。


 通算243勝を挙げたフェラーリは、今もF1で最も成功したチームとなっているが、最後のコンストラクターズ選手権タイトル獲得は2008年にさかのぼる。ドライバーズタイトルは、2007年にキミ・ライコネンがもたらしている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP