F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD予選後会見:レッドブルの最上位グリッド確保は「パッケージとしてのパフォーマンスが上がった証」

2020年11月29日

 第15戦バーレーンGP予選では、ホンダ製パワーユニット(PU)を搭載する4台すべてがトップ10入りを果たした。レッドブルにとっては、現行PUが導入された2014年以降では、このサーキットでの最上位グリッド獲得でもあった。しかしメルセデス2台に対しては今回も彼らの前に行くことは叶わず、その壁の厚さを感じさせた予選でもあった。


 一方でバーレーンでは、フェラーリが再来年以降のPU開発凍結に前向きな発言をしたことが注目された。来年末のホンダ撤退以降もレッドブルが同じPUを使い続けるためには、PU開発凍結が大前提となる。フェラーリ発言の背景についても、田辺豊治テクニカルディレクターが語ってくれた。


────────────────────


──ホンダ製パワーユニット(PU)を搭載した4台が、FP3でトップ10入り。そして予選でも、全車Q3に進みました。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):FP3から見ると順位を落としたドライバーもいましたが、今季2度目の4台Q3ということで、いい形で進めたと思っています。日曜日のレースはここからさらに上の順位で、フィニッシュしたいところです。


──一方でアルファタウリが2度目のカーフュー(夜間作業制限)破りをしましたが、パワーユニット関連だったようですね。


田辺TD:はい。初日が終わって予選レース用PUに交換したのですが、エンジン掛けしたところでデータに若干不安な点が出た。大事を取って、元のPUに戻しました。特に大きな問題ではありません。


──バーレーンは典型的なパワーサーキットではないとはいえ、それでも直線が4本ある。ここでトップ10に4台というのは、ホンダのひとつの成果と考えていいでしょうか? (レッドブルの)クリスチャン・ホーナー代表も、現行PUになってバーレーンで予選2列目を占めたのは、今回が初めてだと喜んでいました。


田辺TD:レッドブルがホンダと組んで、ここでの最上位グリッドを獲れたのは喜ばしいと思います。パッケージとしてのパフォーマンスが上がってきた、ひとつの証左だと思いますね。


──一方で今回も、メルセデス2台に前を塞がれた。フェルスタッペンも、「いい調子で来ているのに予選になると、ちょっと足りない。何なのかは、わからないけど」と言っていました。田辺さんはその辺り、どう考えていますか。


田辺TD:そうですね。相対的な競争力の結果ですから……。メルセデスにしても、自分たちの100%の競争力からしたら、まだ足りないと考えているかもしれないですし、なんとも言えないですね。ただメルセデスへの挑戦者としては、何の後悔もない形で戦いを挑んでいかないといけない。ミスも含めてですね。そのなかで相対差が出て、それが結果として現れるということかと。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


──初日にクラッシュしたアレクサンダー・アルボンは特にペナルティを受けていませんが、現在持っている3基のPUのなかでやりくりしたということですね。別のPUに交換したのでしょうか。


田辺TD:取り替えました。事故に遭ったPUは、ざっくり見たところでは問題なさそうです。ただレース週末なので、じっくり時間を割いて点検することもできない。これはとても使えないものなのかどうか、その判断を付けたということです。週明けには時間をかけて、細かいところを見ていくつもりです。


──それは現場での作業ということですか。


田辺TD:はい。3連戦ですし、ルール上の縛りでファクトリーに戻す許可もなかなか降りにくいんですね。まず大丈夫だろうという感触は得ているので、さらに細かく見て、必要なパーツ交換とかあれば交換しようと。


──金曜会見でフェラーリのマッティア・ビノット代表が、エンジン開発凍結を1年前倒ししてもいいと言っていました。それについてコメントはありますか。


田辺TD:FIAは持続可能性ということを、将来のF1で強く打ち出しているんですね。そのなかでは特に、持続可能な燃料も改革しようという話が出ています。


 燃料を変えるとエンジン本体も変えないといけない。その場合、(PUの)変更は2026年となっていますが、コスト面も考える必要があります。次のPUがどうあるべきか考えたとき、効率、コストも重要な要素。次世代のPUを2026年まで待つべきなのか、今の世界情勢、経済情勢を考えると、チームの低コスト運営という点からも、早めた方がいいのではないか。そこから、前倒しという話が出てきたのだと思います。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

2020年F1第15戦バーレーンGP  ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP  ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号