F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハッキネンがフェラーリを批判「正しい戦略で走っていれば、ライコネンは優勝していたはず」

2018年4月20日

 キミ・ライコネンに対してフェラーリがひどい扱いをしていると、同じフィンランド出身のF1世界チャンピオン、ミカ・ハッキネンが激しく噛みついた。


 今季のアイスマンは開幕当初から、全盛時を思わせる速さを取り戻しつつある。にもかかわらずフェラーリは彼を、セバスチャン・ベッテルのサポート役程度にしか考えていないようだ。中国GPの決勝レースでも、チームはタイムが落ちてきているライコネンをピットインさせず、延々と周回させ続け、バルテリ・ボッタスに対する走るシケインの役目を担わせた。その間にベッテルを、ボッタスに追い付かせようという目論見だったのだ。

中国GPでは3位と不満の残る結果に終わったライコネン

「ライコネンは序盤2戦に続いて、中国の週末でも力強い速さを発揮していた。今季のフェラーリマシンと新しいピレリタイヤが、ライコネンのドライビングスタイルに、ぴたりと適合していることは疑いのないことだ」と、ハッキネンは連載コラムで言明した。


「ライコネンはボッタス同様、フロントタイヤのグリップがしっかり感じられないと速さを発揮できない。それが二人の唯一の弱点なんだ。コーナー進入でのブレーキングからクリッピングポイントまで、高いスピードを維持する彼らにとっては、挙動変化が予測しやすいフロントはなくてはならないものだからね」


「しかしそれを得さえすれば、ライコネンは手のつけられない速さを発揮する。今年の彼が、まさにそうだよ。自信を持って攻めているのが、ラップタイムに端的に表れている。そして結果にも、表れつつあったんだ」
   
「今季のライコネンは確実にベッテルと互角か、時には彼を上回る速さを見せている。もしフェラーリが中国だけでなくこれまでの3戦で、ライコネンを尊重した戦略を採っていたら、少なくとも1勝はしていたはずだ」
 
 フェラーリのライコネンに対する扱いに批判的なのはハッキネンだけではない。イタリアを代表する日刊スポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」も激しく糾弾している。 



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Kunio Shibata)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号