F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ストロール「ハードに交換してガスリーと戦おうしたが、戦略は機能しなかった」:アストンマーティン F1第8戦決勝

2024年5月28日

 2024年F1第8戦モナコGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのフェルナンド・アロンソは11位、ランス・ストロールは14位でレースを終えた。


■フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム)
決勝=11位(76周/78周)
14番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム

フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)
2024年F1第8戦モナコGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)


 レースの始まりの時点で、ちょっとアンラッキーだった。最初のスティントをできるだけ長くするつもりで、ハードタイヤでのスタートを選んでいたんだ。そして、赤旗による中断で誰もがタイヤを交換し、僕らもそうしたのだが、こちらはミディアムに履き替えて、それで最後まで走るしかなかった。これがなかなか大変で、タイヤを最後まで持たせるのは本当に難しかった。


 レース途中でランス(・ストロール)に違う戦略を試させようと考えて、ピットに入れてタイヤを交換し、(ピエール・)ガスリーにアタックさせた。その時点ではポイント圏外で、失うものは何もなかったからだ。だが、それもうまく行かず、全体として残念な週末になった。カナダではもっといい仕事をしないとね。


■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム)
決勝=14位(76周/78周)
13番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム→ハード→ソフト

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2024年F1第8戦モナコGP ランス・ストロール(アストンマーティン)


 もっぱらタイヤマネージメントのレースになることは最初から分かっていた。だから、特にリスタート後はまさにそのとおりになっても、まったく驚きはしなかった。ここでオーバーテイクを決めるには大きなタイムデルタが必要で、僕らは戦略面でできることをやった。ピエール(・ガスリー)に対するギャップがあったので、ピットに入ってハードタイヤに履き替え、レースの後半で彼と戦おうと考えたんだ。だが結局のところ、その戦略は機能せず、1ポイントを獲得するチャンスを逃した。この週末はまったく楽ではなかったし、もっと速いペースが必要であることを示す結果になった。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号