F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける

2024年5月17日

 2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目が行われシャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。角田裕毅(RB)は6番手だった。


 昨年はイモラ・サーキットの位置するエミリア・ロマーニャ州が豪雨に襲われたため、グランプリは中止を余儀なくされた。2年ぶりの開催となる今年は、ローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナがイモラで亡くなってから30年を迎えたこともあり、元F1世界チャンピオンのセバスチャン・ベッテルが主催する追悼イベントも行われた。


 今回持ち込まれたタイヤはハードがC3、ミディアムがC4、ソフトがC5という最も柔らかい3種類のコンパウンドだ。気温23度、路面温度41度というコンディションで現地時間13時半にセッションが始まった。このエミリア・ロマーニャGPはヨーロッパラウンドの初戦ということもあり、多くのチームがマシンにアップデートを行っている。また、当初の発表通りハースはこのFP1でリザーブドライバーのオリバー・ベアマンを起用した。


 ほとんどのマシンがミディアム、ハードでコースインするなか、レッドブルの2台はソフトを選択し開始直後はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップに立つ。その後タイムシート上ではミディアムのラッセルが1分17秒909でトップ、0.042秒差でオスカー・ピアストリ(マクラーレン)が2番手、0.099秒差でルイス・ハミルトン(メルセデス)が3番手に続いた。


 開始から20分ほどが経過した頃、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)がターン13の手前でストップしたことにより、セッションは赤旗中断となった。アルボンのマシンを回収し、FP1は残り時間35分のところから再開。各車ソフトを投入し始め、ルクレールが1分17秒120でトップに浮上、角田は一時2番手につけた。ハミルトンはアクアミネラリの入り口で縁石に乗った際にリヤのコントロールを失ってスピンを喫したが、大事には至らず走行を続けた。


 ソフトで走行を続けるフェルスタッペンは、4輪すべてでグリップがないと無線で訴え、ブレーキを遅らせることもできないと苦戦している様子。またターン14で縁石に乗りすぎたのか、曲がりきれないシーンも見られた。


 FP1をトップで終えたのは大型アップデートを行ったフェラーリのルクレールで、僚友サインツも3番手に入った。2番手にはラッセルが割って入っており、4番手以下はペレス、フェルスタッペン、角田、ハミルトン、ランド・ノリス(マクラーレン)、ピアストリ、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)となっている。ベアマンは最多となる31周を走り15番手だった。


 なおストップしたアルボンについては、縁石の上を通過した後にマシンがシャットダウンしたとチームがSNSで明かしており、マシンが戻り次第調査を行うということだ。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

セルジオ・ペレス(レッドブル)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

角田裕毅(RB)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(RB)

ランド・ノリス(マクラーレン)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ランド・ノリス(マクラーレン)

オリバー・ベアマン(ハース)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP オリバー・ベアマン(ハース)



(autosport web)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号