F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスのTDアリソンはF1スプリントのセッション順変更を歓迎「週末を通してより柔軟性を持たせられる」

2024年4月30日

 メルセデスのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・アリソンは、今年からスプリントレースが行われる週末のセッションの順番が変わったことについて、週末を通して柔軟性を持つことができるとを肯定的に捉えている。


 2024年F1第5戦中国GPでは、スプリントイベントに新しいフォーマットが導入された。チームにとって最大の変更点は、パルクフェルメのルールが新しくなり、土曜日の午後の予選が始まるまでマシンのセットアップ作業を継続できるようになったことだ。これによりマシンを微調整するための時間が増えた。以前は、金曜日の予選の開始からマシンはパルクフェルメのルールの下に置かれたので、スプリントの予選とレース、日曜の決勝レースのセッティングは固定されていた。


 アリソンが認めたように、エンジニアリングチームがこの変更を歓迎したのも不思議なことではない。


「実際、これはかなり大きな違いだ」とアリソンは語った。


「通常のスプリントの週末では、エンジニアはある程度不安でいっぱいになる。なぜなら、大急ぎですべての準備を行うのに1時間しかなく、その後は、週末の運命を封印することになるからだ」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第5戦中国GPフリー走行1回目 ジョージ・ラッセル(メルセデス)


 アリソンの説明によると、かつてのフォーマットでは、エンジニアたちは「よくも悪くも時計のように、予選、スプリント予選、スプリントレース、実際のレースといった残りのセッションが展開していくのを見守らなければならない」という。


 しかし、上海では状況が変わった。アリソンが説明したように、チームの技術部門にはさらなるチャンスが開かれた。


「今回は、非常に歓迎すべき調整が今年に向けて行われた。スプリントレースとメインレースの間が開いており、マシンに少し手を加えることができる時間がある。パルクフェルメは2回あるので、解除されたらスプリントレース後にメイン予選の前の変更を加え、実際のレースに臨むことができる」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ランド・ノリス(マクラーレン)
2024年F1第5戦中国GPスプリント スタート直後、ポジションを争うルイス・ハミルトン(メルセデス)とランド・ノリス(マクラーレン)


 ベテランのエンジニアであるアリソンは、この変更に非常に満足している。


「週末のスプリントの部分でミスを犯した場合に、自分たちを救う機会が与えられるので素晴らしいことだ。そのため、このことがレギュレーションに盛り込まれてとても嬉しかった。残念ながら、これは諸刃の剣でもある。その期間を賢く使えば、スプリントレースよりもメインレースでよい成績を収めることができる」


「しかし2回目の調整で失敗すれば、メインレースでさらに悪くなる可能性がある」


「全体的に見て、これは素晴らしい変更だと思うし、週末を通してより柔軟性を持たせることができる。我々が期待していたことだ」



(Grandprix.com)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号