F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1と公式スパークリングワインの『フェッラーリ』。ふたつに共通する伝統と技術の融合

2024年4月30日

 2021年から、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権のスパークリングワインとして提供されているイタリアの『フェッラーリ』。ドライバーたちがスパークリングファイトを楽しむ際のボトル、表彰台にもロゴが入っているほか、4月5〜6日に三重県の鈴鹿サーキットで行われた第4戦日本グランプリでもグランドスタンド裏にブースが出店していたことから、そのロゴを目にした方も多いのではないだろうか。今回、日本グランプリに来日したフェッラーリ社のオーナー兼副社長のアレッサンドロ・ルネッリに、フェッラーリとF1に“共通するもの”を聞いた。


 フェッラーリは、シャンパンと同様の製法“メトド・クラッシコ”を用いたスプマンテ。アッパークラスのスプマンテとしてイタリア国内では高いシェアを誇り、イタリア国内のローマやミラノの空港内にバーがあったり、イタリアの大統領官邸や大使館の公式の晩餐会などでも饗されるスパークリングワインだ。


 F1のステファノ・ドメニカリCEOがイタリア人という縁もあり、2021年からはF1の公式スパークリングワインに決定。表彰台のスパークリングファイトに使用されているほか、F1ロゴをつけたボトルが発売されるなど、F1を代表するブランドのひとつとして定着しつつある。F1好きでお酒が好きな友人、知人、家族がまわりにいたら、記念日にF1ボトルをプレゼントすれば喜ばれること請け合いだ。


 そんなフェッラーリは、創業者のジュリオ・フェッラーリが1902年にフランスのシャンパーニュに製法を学びに行き、自らが生まれ育った北イタリアのトレントに気候が似ていることから、この地でイタリア初となるメトド・クラッシコ(シャンパン製法)でのスプマンテ造りを始めたのが始まり。その後1952年、子どもに恵まれなかったジュリオ・フェッラーリはトレントでワインショップを営み、懇意にしていたルネッリ家に会社を託し、さらなる成長を遂げることになるが、今回の日本グランプリには、その三代目であるアレッサンドロ・ルネッリが来日していた。


 気さくなジェントルマンであるルネッリにフェッラーリについて聞くと、「世界中のF1グランプリで我々のフェッラーリが振る舞われていることは名誉なことだ」と笑顔をみせた。そして、世界中のワインコンテストで勝利を収め続けるフェッラーリと、モータースポーツの最高峰であるF1には共通する3つのものがあるという。


「まず最高品質のぶどうを使わなければ、良いワインはできない。そしてワイナリーでぶどうを絞ってワインを造るにあたり人の手がかかるわけだが、いかにぶどうを台無しにせず、そのまま素晴らしいものに発展させるかが重要なんだ」とルネッリ。


「自分たちは最高のぶどうを最高の畑から作り、人為的介入は最小限に、しかし人間がもつ最高の方法で仕事をし、あとは時間に任せていく。これがまずひとつだ」


「そして、モータースポーツは最高のレベルの技術が必要で、マシンの状態を知るには無数のセンサーが必要になる。それと同じで、フェッラーリではイタリアでもトップレベルの技術を使ってぶどうを栽培している。特別なロボットを使い、センサーでぶどうの状態を把握しているんだ。最適な水分の状態や、日照量、土壌の活力など精密に管理しているんだ」


 フェッラーリは最新鋭のテクノロジーを用い、サステナブルも意識しながら、ぶどうを作りワインを造り続ける。伝統と技術の融合は、モータースポーツと相通ずるものだ。


「また大事なのは人だ。日本とイタリアで共通していることは多々あると感じているが、私は日本が大好きだ。日本はすべてがオーガナイズされきれいに整っているが、我々フェッラーリも最高を目指すことをいつも心がけている」


「最高の畑、技術、そして人こそが大切なんだ」


 ルネッリはF1事情にも詳しく、鈴鹿でも多くのF1関係者と語らい、心からモータースポーツを愛している様子が感じられた。ちなみに、フェラーリ創始者のエンツォ・フェラーリも創業者のジュリオ・フェッラーリとは懇意で、フェッラーリを愛飲していたというエピソードも明かしてくれた。モータースポーツとは切っても切り離せない関係にあるスパークリングワイン。それがフェッラーリということだろう。

F1と公式スパークリングワインの『フェッラーリ』。ふたつに共通する伝統と技術の融合
フェッラーリ社のオーナー兼副社長のアレッサンドロ・ルネッリ(左)と日本での販売を手がける日欧商事(JET)のティエリー・コーヘン社長

F1と公式スパークリングワインの『フェッラーリ』。ふたつに共通する伝統と技術の融合
F1日本グランプリではスタンド裏にフェッラーリのスタンドと、表彰台を模した撮影スポットも設けられた。

優勝したマックス・フェルスタッペン、2位のセルジオ・ペレス(レッドブル)、3位のカルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第4戦日本GP 優勝したマックス・フェルスタッペン、2位のセルジオ・ペレス(レッドブル)、3位のカルロス・サインツ(フェラーリ)



(Ryuji Hirano / autosport web)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号