F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】記録づくしのシーズンとフェルスタッペンのチームメイトでいることの難しさ/スペイン人ライターのF1コラム

2023.12.18

 2023年シーズンは歴史に残る圧勝劇を飾ったレッドブル・レーシング。マシンだけでなくマックス・フェルスタッペン自身もいま絶頂期の中にいる。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが2023年シーズンのF1を総括する。
------------------------------------------------------

 レッドブル・レーシングの2023年シーズンは、間違いなく歴史に残るものだ。今年の彼らの成功としては、マックス・フェルスタッペンの3度目のドライバーズタイトル獲得、そしてセルジオ・ペレスの2位獲得と、チームのコンストラクターズ選手権タイトル獲得が挙げられる。彼らは22戦のうち合計21戦で優勝を飾ったが、完全勝利を止めたのはシンガポールGPで優勝したフェラーリのカルロス・サインツだけだった。21回表彰台に立ったフェルスタッペン自身も、1年間でひとりのドライバーが獲得したトップ3フィニッシュの回数では史上最多を記録した。それでもペレスの表彰台登壇回数が9回なので、レッドブルはメルセデスが2016年に達成した年間33回の記録を超えることはできなかった。

 実際、メルセデスは今シーズンのレッドブルよりも多くの表彰台を獲得したシーズンが4回ある。2014年、2015年、2016年、そして2019年だ。そしてそれはより少ないレース数で達成された。しかし“チェコ”(セルジオ・ペレスの愛称)にチームが期待していたかもしれない競争力がなかったとしても、現実にこれらの記録は、レーシングチームが世界選手権、特にF1で達成した最高の記録のひとつとして記憶されるだろう。レッドブルは今ではメルセデス、フェラーリ、マクラーレンといった偉大なチームに加わることができたし、このシーズンでは、まるで自分たちだけでレースをしているかのようだった。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP