F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

予選2番手のルクレール「Q3はこれまで経験したことがないほど奇妙なセッションだった」フェラーリ/F1第21戦

2023年11月4日

 2023年サンパウロGP(ブラジルGP)の金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはスプリント・フォーマットでの金曜予選で2番手を獲得した。


■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
FP1 2番手(1分11秒840:ソフトタイヤ/32周)
予選 2番手(Q1=3番手1分10秒472:ソフトタイヤ/Q2=7番手1分10秒303:ソフトタイヤ/Q3=2番手1分11秒021:ソフトタイヤ)

2023年F1第21戦サンパウロGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2023年F1第21戦サンパウロGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 良い予選だった。Q1はスムーズで、1セットのソフトタイヤしか使わずに、堅実なラップを刻むことができた。FP1後、セットアップにかなりの変更を加えたことで、マシンの感触が素晴らしかったんだ。Q2では確実に1周を決めるだけでよかった。


 その後、奇妙な体験をした。Q3になると、突然、風の状態が変わり、セクター2から先はグリップが全くなくなってしまったんだ。コーナーに入る際に、バランスがどうなるのか予想ができない状態だった。それでも整然とした走りができたし、2番手は悪くないと思う。


(予選後の会見で語り)キャリアのなかで最も奇妙なセッションのひとつだったと言っていいだろう。特に最後のランだ。雨が降り始めていたのだと思うが、風の状態が完全に変わった。雨が降っていないところでも、グリップが全く違う状態になっていて、ものすごく難しかった。


 どこにグリップがあるのかを推測しなければならなかった。そんななかで良いラップを記録することができた。とてもとても苦労したけれど、この結果には満足だよ。

2023年F1第21戦サンパウロGP予選トップ3会見 ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2番手シャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手ランス・ストロール(アストンマーティン)
2023年F1第21戦サンパウロGP予選トップ3会見 ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2番手シャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手ランス・ストロール(アストンマーティン)



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編