F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マグヌッセン「左リヤのサスペンションが壊れてクラッシュ。何が起きたのかを知るため調査が必要」ハース F1第20戦決勝

2023年10月31日

 2023年F1第20戦メキシコシティGPの決勝レースが行われ、ハースのニコ・ヒュルケンベルグは13位、ケビン・マグヌッセンはクラッシュによりリタイアでレースを終えた。


■ニコ・ヒュルケンベルグ(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=13位(71周/71周)

ケビン・マグヌッセン&ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)
2023年F1第20戦メキシコシティGP ケビン・マグヌッセン&ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)

 タイヤが完全に終わってしまった。37周も走るのは、いずれにしてもかなりのロングスティントだし、しかもミディアムを履いていたわけだから、僕らには無理だったんだ。僕はワンストップの戦略を選んでいて、残念なことに(赤旗が出た時点で)もうハードコンパウンドを使ってしまっていた。赤旗なんて予想できないからね。ともあれ、赤旗のタイミングは理想的とは言えず、僕のレースを損なうことになった。だが、それよりも重要なのは、ケビン(・マグヌッセン)が無事だったことだ。


 その後も僕はしばらくポジションを守って、他のドライバーたちを悩ませることができた。ずっと僕のリヤウイングを眺め続けて、彼らは相当イラついていたに違いない。僕としては、そこに多少のよろこびを見出だせたよ。


■ケビン・マグヌッセン(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=DNF(31周/71周)

2023年F1第20戦メキシコシティGP クラッシュ後、回収されるケビン・マグヌッセン(ハース)のマシン
2023年F1第20戦メキシコシティGP クラッシュ後、回収されるケビン・マグヌッセン(ハース)のマシン

 左リヤサスペンションが壊れてクラッシュした。それも起きた場所が悪くて、もろにウォールに突っ込んでしまった。両手をコックピットの中で打ち付けて、ちょっと痛むけれども大丈夫だ。とにかくいきなり壊れたので、何が起きたのかを正確に知るにはもう少し調査が必要だ。


 それまでは、まずまずのレースをしていた。ただ、長い時間、トラフィックにつかまっていたこともあって、タイヤの状態は良くなかった。サスペンション破損の原因が何であれ、それがそこまでのパフォーマンスに影響していたかどうかは、僕にはわからないけどね。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP