F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1、前戦の予選で起きた問題の原因を特定できず。ルクレールは左コーナーで「0.65〜0.7秒」のロス

2023年6月16日

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)は、前戦スペインGPの予選Q1でまさかの敗退を喫した理由について、フェラーリはまだ見当がついていない状態にあると述べ、この謎について“少し懸念”があることを認めている。


 ルクレールはスペインで予想外のQ1敗退となったが、チームメイトのカルロス・サインツは順調に進み、最終的にQ3ではポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に並びフロントロウを獲得した。当惑したルクレールは後に、彼のSF-23の“奇妙な挙動”について語った。フェラーリはそれによりリヤエンド全体をレース前に交換することになった。


 不調から2週間が経ったが、ルクレールはスペインで彼のマシンに影響を与えた問題について、チームは今も真相を解明できていないと述べている。今週末のモントリオールでのレースを前に、5度のグランプリ優勝経験を持つルクレールにとってそれが懸念材料であることは当然だ。


「こうした問題を理解する必要がある」とルクレールは語った。


「今のところ原因がわかっていない。だから余計心配だ。それこそが、僕たちがプッシュして原因を理解する必要があることだ。なぜなら明らかに感触がとても悪かったからだ」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2023年F1第8戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 ルクレールは、彼のマシンの不可解なハンドリングの問題は、主に左コーナーで発生したと語った。


「正直、僕のキャリアでこんなことが起きたのは初めてだ」


「左コーナーを見て、そこが苦戦した場所だったということを予選の直後に言った。そのことはデータでもはっきりわかる。僕はすべての左コーナーで、0.65秒から0.7秒失っている」


「でも本当の原因がまだわからない。だから正直なところ、今はこれ以上のことは話せない」


 チームとドライバーがシーズンを好転させるため最大限の努力をしているが、ルクレールは懸念を抱いている。これまでのところ、チームに対するルクレールの信頼は損なわれてはいない。しかし心の奥底では、苛立つ気持ちがゆっくりと沸き上がっている可能性はある。


「僕たちはプッシュし続け、できるだけ早く定期的にアップグレードを投入する必要がある。特にレースペースの点でもトップ集団との差を縮めることが、今の僕たちの目標だ」


「土曜日の予選ではかなり苦労したが、日曜日もそれほどよくはならなかった。カルロスを見ると、彼は土曜日は素晴らしかったが、その後の日曜日はレースペースにまた苦戦していた。だから今はそのことを解決しようとしている」


「僕が自信を持てるのは、取り組みと改善を望むにあたって、明確な方向性がある時だ。それによってプロジェクトを信頼することができる」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2023年F1第9戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号