F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

150戦目のグランプリを迎えるマグヌッセン「まだF1で夢を生きていることに興奮している」僚友ヒュルケンベルグも祝福

2023年6月16日

 今週末のF1第9戦カナダGPは、ケビン・マグヌッセン(ハース)にとって150回目のグランプリだ。マグヌッセンのF1キャリアは多くの浮き沈みがあり、ジェットコースターのようなものだった。


 2014年、オーストラリアでの初グランプリでマグヌッセンは2位に入賞し、すべてが信じられないほど順調にスタートした。しかし素晴らしいデビューを飾ったものの、2015年にはマクラーレンのリザーブドライバーに降格された。彼は、F1キャリアは終わったと考え、2016年に向けてスポーツカーのシートを積極的に探した。


 パストール・マルドナドがPDVSAベネズエラ国営石油会社のスポンサーシップを突如失うと、ルノーはマグヌッセンに2016年に向けたF1シートのオファーを出した。しかしマグヌッセンはルノーで期待外れの1シーズンを過ごすことになり、その後はハースへ移籍した。


 4シーズンの間には新たな浮き沈みがあった。マグヌッセンは2020年末には十分にやったと意を決し、チップ・ガナッシ・レーシングのIMSAチームと、プジョーのWECプログラムの両方と契約した。しかし2021年、ロシアのスポンサーとロシア人ドライバーとの関係を続けられなくなったハースは、マグヌッセンをふたたびF1に呼び戻した。

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2023年F1第8戦スペインGP ケビン・マグヌッセン(ハース)


「これほど長くF1にいられるのは素晴らしいことだ。小さい頃からいつかF1でレースをすると夢見ていた。これほど多くの出走数を達成し、長い年月をF1で過ごしている。このチャンスに心から感謝している。自分がまだF1にいて、夢を生きることができていることに興奮しているよ」とマグヌッセンは、150回目のグランプリの週末に語った。


 マグヌッセンは、ハースとの現在の契約が終了しても、チームに留まりたいと希望している。


「僕は今、素晴らしい状態にある。最高の仲間がいる最高のチームにいて、トップ集団に近づいてレースをするチャンスもしばしばある。ハースでは多くのチャンスに恵まれたし、マネーグラム・ハースF1チームには素晴らしい未来があると思う。その一員となり、現在行われているハードワークと進歩の成果を見たいと強く願っている」


 チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグは、150戦目を迎えるマグヌッセンを祝福した。


「この功績についてケビンにおめでとうと伝えたい! F1でこれだけ多くのレースをこなしたということは、長年にわたってクオリティを示しているということだ」

ケビン・マグヌッセン&ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)
ケビン・マグヌッセン&ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)



(grandprix.com)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号