F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ヘルムート・マルコ、F1に巨額の買収オファーがあったことを前向きに捉えるもサウジアラビアへの売却には否定的

2023年2月1日

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、サウジアラビアの政府系ファンドがF1買収に関心を示したという最近の報道についての議論に加わった。


 10日前に『Bloomberg』が発表したレポートによると、サウジアラビアの公共投資ファンド(PIF)は、F1の商業権保有者『リバティ・メディア』と暫定的な話し合いを持ったが、リバティは200億ドル(約2兆6000億円)以上と推定されるオファーを拒否したという。


 拒絶されはしたものの、PIFは今もF1に関心を抱いており、成長を続ける同国のスポーツフランチャイズとイベントのポートフォリオにいつかF1を加えたいと願っている。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 F1自体はこのレポートについてコメントしていないが、FIA会長のモハメド・ビン・スライエムには、進行中かどうか不明の将来の取引について言うべきことが多くあった。ビン・スライエムは、提示されたというF1の評価額200億ドル(約2兆6000億円)について懐疑的な見方をしており、「膨張しすぎた数字」だと述べたが、F1の大義を考慮した「持続可能な」計画が出される前に、買収希望者から金額が提示されたことへの懸念も示した。


 一方でF1側は、ビン・スライエムの発言を「受け入れられない」とし、FIAがF1の商業的権利に干渉した事例だと述べた。


 このレポートについて質問されたマルコは、200億ドル(約2兆6000億円)のようなオファーが出されたとしたら、F1にとってはよいことだと認めた。しかしながらマルコは、F1をサウジアラビアに売却するのはそれほどよいことではないと述べた。


「レースが行われる多くの国々の文化とは異なる国にF1が売却されるのは、それほどよいことではない」とマルコは『RTL』に語った。


「全般的には商業面についての話であり、その点から考えるのであれば、通常の水準を満たす企業には起きる可能性が高いことだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP