F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1のバスール代表、円滑な業務の引き継ぎを可能にするべく尽力した前代表ビノットに感謝

2023年2月2日

 フェラーリF1の新チーム代表フレデリック・バスールは、フェラーリでの業務の引継ぎが円滑に行くよう協力を惜しまなかったとして、前任者のマッティア・ビノットを称賛した。


 昨年11月末、フェラーリはF1の2022年シーズンがアブダビGPでフィナーレを迎えてから10日後に、ビノットがチーム代表を辞任すると発表した。ビノットは年末までマラネロに留まり、自身の離任、またバスールの着任を視野に入れながらフェラーリの日々の業務を差配してきた。


「プロセスは単純明快だった」とバスールは説明した。


「アブダビの時点でメディアではうわさが流れていたが、私たち自身はまだ話し合っていなかった」


「最初の会合を持ったのはアブダビGPの1週間後だった。そこからは極めて迅速に事態が進展した。それからマッティアと電話でやり取りし、引継の段階で直接会ったりもした。一対一で話し合ったのだ」


「これについてはマッティアに感謝したい。年末まで留まり私を待つという決定を、彼は自発的にしてくれた。それによっていろいろと話し合う機会が持てたのだから」

2022年F1オーストラリアGP マッティア・ビノット(フェラーリ代表)とフレデリック・バスール(アルファロメオ代表)
2022年F1オーストラリアGP マッティア・ビノット(フェラーリ代表)とフレデリック・バスール(アルファロメオ代表)


 ビノットは、円滑な引き継ぎのために心を砕き、フェラーリが2023年に向けて万全のスタートを切れるようにあらゆる助言を惜しまなかった。またバスールは、フェラーリの元チーム代表ジャン・トッドとの会合が設定されていることを明かした。トッドは約20年前、フェラーリに何度も世界王者のタイトルをもたらした人物だ。そのトッドに会うことで、F1で最も成功したチームのマネジメントについて貴重なアドバイスを受けようというのだ。


「ジャンとは何度か意見交換をしたのは間違いない。彼はF1界に近いところにいるからだ」


「WhatsAppを使って数週間前にメッセージをやり取りしたし、もうすぐ直接会って話をする。どんなアドバイスも歓迎するのは無論だが、一方では94年、95年頃と2022年の状況とを比べるのは非常に難しいという気もしている」


 ビノットの退任を受け、トッドが顧問的立場としてフェラーリに戻るのではないかと予測する向きもあった。トッドは2021年末でFIA会長の職を退いているが、バスールはそうした動きはまったくないと言明した。


「ジャンとは20年以上前からの知り合いだ。仕事上、彼とは常に近い位置関係にあった」


「彼と話し合うことは理に適っているが、コンサルタントになってもらうといったものではない。ジャンとは親しい間柄だと思っており、それ以上でもそれ以下でもない」

2021年F1第5戦モナコGP ジャン・トッド(FIA会長)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
4/20(土) スプリント 結果 / レポート
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP