F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「フェラーリF1は2年前の状態から大きく盛り返した」ドメニカリCEO、古巣チームの安定した復調を望む

2022年12月6日

 F1のCEOであり、かつてフェラーリのチーム代表も務めたステファノ・ドメニカリは、この2年間における古巣チームの大きな復調が、チーム代表のマッティア・ビノットの離脱によって頓挫しないよう望んでいる。


 フェラーリは2022年シーズンを力強くスタートし、今シーズンは世界タイトルを争うことを強く望んでいた。確かにフェラーリとシャルル・ルクレールは、一時はレッドブルとマックス・フェルスタッペンに唯一対抗する相手に見えた。だが残念ながら、フェラーリの戦いは自滅と戦略ミスにより次第に台無しとなり、トップのライバルに絶望的なまでに引き離されてしまった。


 それでもフェラーリは、コンストラクターズおよびドライバーズ選手権の両方を2位で終えたが、レッドブルとフェルスタッペンの両チャンピオンからは大差をつけられた。チームが逃したチャンスとオペレーションの問題から生じた結果によって、フェラーリ上層部はビノットとの訣別を決めた。


「もちろんフェラーリで2位というのは、物足りないものだ」とドメニカリは『Sky Sports F1』に語った。


「何年も前に私も同じ立場にいたが、(ビノットには)集中して彼自身を信じるようにしてほしいと思う。私はチームの力学のなかに立ち入りたくはないが、彼の今後の活躍を願っているのはもちろんだ」

マッティア・ビノット(フェラーリ代表)
マッティア・ビノット(フェラーリ代表)


 フェラーリは新たなチーム代表を探しているところだ。ドメニカリは6年間にわたってフェラーリの戦いを指揮し、フェラーリが世界タイトルを獲得したシーズンの最後のチーム代表だが、フェラーリが安定して上昇し続けていくことを望んでいる。


「フェラーリが順調に進んで集中していくための、適切な策を見つけることを願っている。彼らは2年前の状態から大きく盛り返したのだ」


「フェラーリには競争力を持ってもらう必要がある。優れた強いチームと速いドライバーで、他チームと戦うのだ。(2023年には)さらに多くのチームが1位や他のポジションを争って戦うことだろう。それが夢だ」

カルロス・サインツ&シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第20戦メキシコGP カルロス・サインツ&シャルル・ルクレール(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編