F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルピーヌF1での初走行にいい意味で驚いたとガスリー「選手権4位を獲得したことに納得」と手応え

2022年12月5日

 ピエール・ガスリーはアルピーヌで初めてのテストを行い、2022年シーズンにチームがF1コンストラクターズ選手権で4位になったことに「納得」したという。


 レッドブル/アルファタウリからリリースされたガスリーは、最終戦後にアブダビで行われたテストにアルピーヌから参加した。ガスリーは新チームに慣れていったが、特にチャンピオンシップでマクラーレンを破り4位につけたアルピーヌの2022年型マシンを試すことに関心があった。


 ガスリーは新チームにうまく適応し、アルピーヌのA522での走行に「非常にいい意味で驚いた」と語った。


「最初は驚いたが、やりたいたことはすべてやり遂げることができた」


「すぐに走行中も落ち着いていられるようになった。今ではコンストラクターズ選手権で彼らが4位になったことを理解できる。僕はすべて納得したよ。だから今後のことがすごく楽しみだ」

ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
2022年F1アブダビテスト ピエール・ガスリー(アルピーヌ)


 ガスリーはアルピーヌのマシンでの走行が予想よりも「いっそう順調」だったと認めた。


「これまでに目にしたことから言えば、このチームには膨大な経験がある。エンジニアリング部門だけでなく、ガレージにいるエンジニアたちのなかにね」


「まだすべてを見たわけではない。これからエンストンにいって彼らの施設や設備をすべて見る必要がある。でもこの初日への彼らの取り組み方にはとても感心させられた」


 またガスリーは、新チームから受けた歓迎をうれしく思った。


「誰かが新しく入ってくるのは決して簡単なことではない。2日前まではそれぞれのチームとドライバーとして互いに競い合っていたんだ。だからあっという間のことだ」


「それでも彼らは最高の形で歓迎してくれた。今のところポジティブな兆候しかない。だから将来は有望だ」

ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
2022年F1アブダビテスト ピエール・ガスリー(アルピーヌ)


 ガスリーはアルファタウリとの契約が今年末まで残っているものの、彼の心はアルピーヌとの2023年シーズンにしっかり向けられている。だが一方で、レッドブルとの最後のスポンサーシップ業務も行っているところだ。


「今は移行の段階にいるとでも言っておこう。競技の面では、僕は来年のアルピーヌに完全に集中している。まだアルファタウリでいくつかやるべき仕事があるが、来シーズンに向けて彼らと普通に仕事を始めるよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 23:00〜
7/21(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号