F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス「ターン19でリヤが流れた。強風とハードプッシュでレースは終わった」:アルファロメオ F1第19戦決勝

2022年10月25日

 2022年F1第19戦アメリカGPの決勝レースが行われ、アルファロメオの周冠宇は12位、バルテリ・ボッタスはリタイアでレースを終えた。


■周冠宇(アルファロメオF1チーム・オーレン)
決勝=12位

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第19戦アメリカGP 周冠宇(アルファロメオ)

 後方からのスタートで、難しいレースになるのは最初から分かっていた。何とか番狂わせを起こそうと試みたけど、終盤に向けて他のドライバーたちが僕らよりもフレッシュなタイヤを履き始めると、もう彼らを抑え込むのは不可能と言ってもよかった。何かしら、僕らに有利に働くことが起きるのを期待してステイアウトしたものの、結果としてその作戦は機能しなかった。


 全体としてチームにとっては厳しい1日になった。でも、来週にはまたメキシコで仕切り直しができる。ポジティブな点は、コース上でいいパフォーマンスを示せたことだ。ここに持ち込んだアップグレードが大いに役立ったのは間違いなく、特に1周のペースはずいぶん改善された。実際、予選では2台揃ってQ3まで行ける速さがあったからね。


■バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム・オーレン)
決勝=DNF

バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2022年F1第19戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

 ポイント獲得は可能に思えた。それだけに早い段階でレースを終えることになって悔しい。オープニングラップのターン9に進入しようとした時、最後の最後で(セルジオ・)ペレスがインに飛び込んでくるのが見えた。ほとんどスペースがなかったので僕はアウトへ逃げるしかなく、結果として車速を失って、何台かに抜かれてしまった。接触だけで済んだのはラッキーだったよ。


 その後は(アレクサンダー・)アルボンをパスして、うまくリズムに乗れていたんだ。ところが、(ピエール・)ガスリーとの距離を詰めようとプッシュして、DRSレンジに入った時に、ターン19でミスをしてリヤが流れてしまった。あとで分かったことだけど、ちょうどその時、かなりの強風が吹いていたらしい。つまり、その風とハードプッシュしすぎたことが重なって、僕のレースは終りを迎えたんだ。本当に残念だ。僕のペースは十分に期待できるもので、ポイントフィニッシュは間違いなく可能だったからね。来週のメキシコでは潮目が変わってほしいし、ぜひともポイントを持ち帰りたい。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編