F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「スパの再現を目指したが、デグラデーションが進んで順位を守れなかった」:ウイリアムズ F1第19戦決勝

2022年10月25日

 2022年F1第19戦アメリカGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは11位、ニコラス・ラティフィは17位でレースを終えた。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=11位

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2022年F1第19戦アメリカGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 全力を尽くして戦ったよ。スタート直後に混乱に巻き込まれ、ターン1でフラットスポットを作ってしまった。ひどい振動に耐えながら、最初の10周はフロントタイヤをいたわりながら走ったものの、やはり早めにピットインせざるをえなくなり、残念ながら不利な立場に追い込まれた。


 実際のところ、ポイントを獲れるほどのペースはなかったと思うけど、かなり近いところまでは迫ることができた。(強風のため)コース上はトリッキーな状況で、アグレッシブな戦略を採りながらベストを尽くしたが、タイヤのデグラデーションもあって厳しかった。スパのレースの再現を目指して、背後のドライバーたちを抑えようと試みたものの、タイヤのデグラデーションが一段と進み、もうそうなるとポジションを守り切ることはできなかった。ポイントは高望みだったかもしれないけど、少なくともそのチャンスはあったと思う。


■ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=17位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2022年F1第19戦アメリカGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 クルマは予想していたよりは乗りやすかった。つまり、以前のようにトリッキーでドライブしづらくはなかったということだ。レース序盤にスピンをしたのは、高速コーナーでのバランスが微妙で、対処しきれなかったからだ。決勝に到るまで、燃料をたっぷり積んで走る機会がなくて、手探りの状態だったんだ。


 その後、セーフティカーの導入でまた集団に加わったものの、結局のところ、背後から迫ってくる自分より速いクルマを相手に戦うことになり、自分の望んでいたレースができなかった。それでも、チームのためには役立ったと思うけどね。


 僕が受けたペナルティは正当なもので、不満はないよ。(ミック・シューマッハーを押し出したのは)意図してやったことではなく、ただできるだけブレーキを遅らせようとした結果、ロックアップさせてターンインできなかっただけだ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編