F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、インシデントを乗り越え今季ベストの5位。レース後、非を認めたハミルトンを評価/F1第14戦

2022年8月29日

 2022年F1ベルギーGP決勝で、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、3番グリッドからスタートし、今季ベストタイの5位を獲得した。6位でフィニッシュしたが、前のシャルル・ルクレール(フェラーリ)がペナルティを受けたため、ひとつ繰り上がった。


 オープニングラップでアロンソとルイス・ハミルトン(メルセデス)との間で接触が起きた。その際にアロンソは無線で、「あいつがぶつけてきた! あのバカが! アウト側からドアを閉められた」「すごいスタートを決めたのに。あいつは先頭からスタートする時の走り方しか知らないから!」と怒りを露にした。しかしレース後、興奮が収まったアロンソは、ハミルトンが責任は自分にあると述べたことを好意的に受け取り、単なるレーシングインシデントであるとの考えを示した。

2022年F1第14戦ベルギーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)と接触
2022年F1第14戦ベルギーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)と接触

■フェルナンド・アロンソ(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=5位
3番グリッド/タイヤ:ミディアム→ミディアム→ハード


 5位という今日の順位に満足している。僕たちは一貫して中団のトップだということを、このパフォーマンスが証明している。レースをうまく実行すれば、こういう結果を期待できるんだ。それは間違いないよ。


 最後にシャルルがペナルティを受けたことで、小さなギフトをもらった形ではあるが、もちろん喜んで受け取るよ。


 ルイスとのインシデントは残念だった。でもあれはレーシングインシデントだし、あの接触の後、マシンは問題なかったようだ。


 この週末を振り返ってみて、とても満足した気持ちになれる。両選手権にポイントを加算することができたんだ。次のザントフォールトを楽しみにしている。


(『Sky Sports』にハミルトンとのインシデントについて聞かれ)僕はただびっくりしたんだ。彼はあのインシデントを振り返って、自分に責任があると言った。それはとてもいいことだ。あれは1周目のインシデントだから、特に言うべきことはない。


 スチュワードも何も言わなかった。あのコーナーではよくああいうことが起こるからだ。あそこはトリッキーなコーナーだ。あの時、僕はいらいらしていた。フロントロウやセカンドロウからスタートして、トップ2やトップ3争いをしているときに、いつも何かが起こるからだ。それで苛立っていた。でも幸い僕のマシンは強力で、レースを続けることができた。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号