F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス「残り数周のところでいきなりパワーがなくなった。まったくついてない」:アルファロメオ F1第13戦決勝

2022年8月2日

 2022年F1第13戦ハンガリーGPの決勝レースが行われ、アルファロメオの周冠宇は13位、バルテリ・ボッタスは20位でレースを終えた。


■アルファロメオF1チーム・オーレン
周冠宇 決勝=13位

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP 周冠宇(アルファロメオ)

 今日のコンディションそのものが難敵だったわけではない。ちょっと微妙なコンディションで、特に終盤の数周は滑りやすくなっていたけど、全体として難しいというほどではなかった。


 今日の僕らのプランは望ましい結果をもたらすものではなかったようだ。1周目は厳しかったし、序盤の数周で大きく遅れてしまった。そして、ワンストップの戦略は機能しないように思えたので、予定よりも1回多くピットに入り、結果としてフィールドの最後尾まで落ちた。悔しかったよ。あれで僕のチャンスは損なわれたのだから。それを別とすれば、レースペースは悪くなかったと思うし、もう少しいい成績を得てもよかったはずだ。


 パフォーマンスに関する限り、シルバーストンの頃のレベルまで戻ってきたように感じる。今季はこれまでに多くのことを学び、タフであると同時に楽しかった。そして、まだ改善の余地はたっぷりとある。ここで少し休めるのはありがたい。休み明けにはもっと強くなり、より良い成績にむけてプッシュできるようになっていたい。


■アルファロメオF1チーム・オーレン
バルテリ・ボッタス 決勝=20位(DNF)

バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

 今日もまたトリッキーだった。フランスの時と同様に、ハードタイヤを機能させるのに思ったよりも時間がかかってね。最善の結果を得られる可能性が高いのは、その手(ハードを使うこと)だと考えて試みたのだが、結果的にはそうならなかった。しかも、僕らはワンストップ戦略を採っていたので、途中で戦略を切り替えるのは難しかったんだ。


 そして、残り数周になったところで、残念なことにトラブルに見舞われてクルマを止めなければならなかった。いきなりパワーがなくなったんだけど、詳しいことはまだ分からない。いまのところ言えるのは、まったくツイていないということ、チームと共に原因を突き止めるつもりでいることくらいだ。ただ、いずれにしてもポイント獲得は難しかったと思う。とりあえずは夏休みをエンジョイして、シーズン後半に向けてエネルギーをたっぷり蓄えて戻って来るよ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号