F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

初日トップのルクレール「タイヤをうまく機能させられれば雨でもアドバンテージを維持できる」フェラーリ/F1第13戦

2022年7月30日

 2022年F1ハンガリーGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=3番手/2=1番手、カルロス・サインツはフリー走行1=1番手/2=3番手だった。フェラーリは両セッションを制し、FP2最速のルクレールは、2番手ランド・ノリス(マクラーレン)に0.217秒の差をつけた。


■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
フリー走行1=3番手(1分19秒039:ソフトタイヤ/26周)/2=1番手(1分18秒445:ソフトタイヤ/27周)

2022年F1第13戦ハンガリーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 今週末は天候が変化するといわれている。今日はセットアップ作業を集中的に行った。明日のFP3ではドライでのデータを集めることができないかもしれないので、レースシミュレーションも実施した。このサーキットは通常、路面の進化がとても大きいのだが、今日は予想していたほどではなかったね。明日はタイヤを正しいウインドウに入れることが鍵になってくるだろう。


(走行後の会見で語り)とても生産的な一日だった。マシンにおいてたくさんのことを変更した。FP1はトリッキーだったけれど、FP2は正しい道に進むことができた。日曜に向けて適切な仕事ができたと考えている。


 明日は雨が降るらしいね。コンディションにうまく適応し、タイヤを正しいウインドウに入れる必要がある。雨のときにはそれは簡単なことではない。その点をうまくやることが僕たちにとっての優先事項だ。タイヤを正しいウインドウに入れることができれば、アドバンテージを維持することができるだろう。

2022年F1第13戦ハンガリーGP カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
フリー走行1=1番手(1分18秒750:ソフトタイヤ/26周)/2=3番手(1分18秒676:ソフトタイヤ/29周)


 興味深い金曜日だった。FP1でガレージから出て行ってすぐにマシンにいい感触を持てて、良いラップを走ることができた。


 FP2では、明日とレースに向けてどの方向性がベストなのかを評価するため、いくつかのセットアップ変更を試した。少し感触を失った感はあるが、マシンのバランスとペースに関してはいい状態にある。明日は雨になりそうなので、コンディションに適応していかないといけない。今日はチームにとってポジティブな日だった。土日も楽しみだ。



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号