F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

周冠宇のクラッシュを受け、GPDA会長のブルツもロールフープに注目。F2でのインシデントを引き起こした縁石にも言及

2022年7月8日

 グランプリ・ドライバーズ・アソシエイション(GPDA)の会長を務めるアレクサンダー・ブルツは、先週末のシルバーストンで起きた2件の重大なインシデントを受け、FIAに対してスポーツにおけるドライバーの安全性を改善する努力を続けるよう求めた。


 F1第10戦イギリスGPでは、スタート直後に車体が逆さまになった周冠宇(アルファロメオ)の大事故の印象が強かったが、その日の早い時間にFIA F2のスプリントレースで起きたデニス・ハウガー(プレマ・レーシング)とロイ・ニッサニー(ダムス)によるクラッシュも、同様に懸念されるものだった。

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第10戦イギリスGP スタート直後に接触、ひっくり返った状態でグラベルにはじき出された周冠宇(アルファロメオ)のマシン


 多くの人々と同様にブルツも、ジョージ・ラッセル(メルセデス)と接触後に逆さまになった周のマシンから、衝撃でロールフープが脱落したことに注目した。


 ソーシャルメディアでブルツは、F1で最後にロールフープが脱落したのは四半世紀も前のことで、ニュルブルクリンクで開催された1999年ヨーロッパGPでザウバーのペドロ・ディニスがレーススタート時にブルツと衝突した時のことだった語った。


「私の記憶では、最後にF1のロールハブが破壊されたのは、1999年のニュルブルクリンクでペドロ・ディニスが私の上を飛び越えたときだ」とブルツはツイッターに投稿した。


「その結果クラッシュテストが厳しくなった。GPDAが要請し、FIAが迅速に導入と実施を行った」


「親愛なる会長、(お願いだから)受信ボックスを見ていただきたい。我々にはまだやるべきことがある」


 しかしブルツは、日曜午前のシルバーストンで起きたハウガーとニッサニーの間の恐ろしいクラッシュにも同様に懸念を抱いた。ベールのコーナーのソーセージ縁石に乗り上げて飛び上がったハウガーのマシンが、ニッサニーのヘイローで防御されたコクピットに激突したのだ。


 この衝突にもかかわらず、ふたりは無傷であることが分かったが、高さのある縁石が原因となった憂慮すべき光景だった。ブルツはその縁石がコース上にいまだ存在することを非難した。


 2019年にFIA F3ドライバーのアレックス・ペローニがモンツァのパラボリカのランエリアでソーセージ縁石に当たって宙を舞い、バリア上に逆さまに着地し、キャッチフェンスを突き破ったことがあった。残念ながら、この事故でペローニは椎骨を骨折し、脳震盪を起こした。


 ブルツはソーセージ縁石について“間違って生まれたコンセプト”であり、もっと前にコースから除去されてしかるべきだったと語った。


「ソーセージ縁石の件については、公の場での発言を手加減するのに苦労しているくらいだ」とブルツは語った。


「なぜこれがあり、何も対応がなされていないのか」


「事実はこうだ。この縁石のコンセプトは以前から間違ったものだった。あとどれだけの衝突事故や怪我を目撃しなければならないのだろう? これはエイペックスのソーセージ縁石や、コーナー出口のバゲットもしくはバナナ縁石にも言えることだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号