F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リタイアのガスリー、入賞のチャンスを逃がし落胆「不必要な接触だった」/F1第10戦決勝

2022年7月4日

 2022年F1イギリスGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーはリタイアに終わった。赤旗後のリスタートでソフトタイヤを装着したガスリーは、9番手から7番手に浮上した。しかしすぐ後ろを走っていたチームメイトの角田裕毅とのバトルのなかで接触が起きてポジションを落とし、マシンダメージにより、26周でリタイアすることになった。角田にはこの接触の責任があると判断され、ペナルティが科されている。

2022年F1第10戦イギリスGP ピエール・ガスリーと角田裕毅(アルファタウリ)がコースオフ
2022年F1第10戦イギリスGP ピエール・ガスリーと角田裕毅(アルファタウリ)がコースオフ

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=リタイア
11番グリッド(リスタートでは9番グリッド)/タイヤ:ミディアム→ソフト→ハード


 難しい週末だったが、予選ではかなり良い結果を得ていた。そして決勝のリスタート後には7番手というとても良い位置を走っていたんだ。でも、裕毅とのインシデントの後、リヤウイングにダメージを負い、リタイアしなければならなかった。今年のようなシーズンでは特に、1点1点が貴重だから、今日の結果にはがっかりしている。あれは不必要な接触だった。


 レーススタート直後の周冠宇のアクシデントは本当に恐ろしいものだった。彼のマシンがひっくり返ったのを見た時はショックだったよ。彼が無事だと聞いてうれしい。それが何より大事なことだ。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号