F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル&HRC密着:アップデートされたフロアを損傷。ダウンフォース不足で走行も「全体的にはうまくいっている」

2022年7月2日

 F1第10戦イギリスGPの金曜日の午後1時、フリー走行1回目が始まる直前になって、シルバーストンの上空に灰色の雲が垂れ込め、雨が降り出した。そのため、レッドブルの2台はしばらくガレージにとどまった。シルバーストンは雨が降りやすく、雨用のタイヤを温存するためだったと思われる。


 結局、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがそれぞれインターミディエイトタイヤで1周、ドライタイヤで2周したにとどまった。


 ドライコンディションとなったフリー走行2回目では、フェルスタッペンは18周、ペレスも17周を走行したが、いずれも予定よりも走り込みができなかった。


 フェルスタッペンはフリー走行2回目が始まってからの最初の走行中にフロアの左側が何らかの理由で破損し、ソフトタイヤでタイムアタックに出るまで、少し時間を費やしてしまった。今回、レッドブルがシルバーストンに持ち込んだフロアは前戦カナダGPとは異なり、複雑な切り欠きが追加されたアップデートパーツだった。これはフェルスタッペンだけにしか投入されていないことからスペアパーツがなく、チームはセッション中に突貫工事でフロアを修復していた。

レッドブル&HRC密着
FP2最初の走行で、フェルスタッペン車のフロアの左側が破損した

レッドブル&HRC密着
フェルスタッペンのフロアは複雑な切り欠きが追加されたアップデートパーツ。スペアが無いため、その場で修復作業が行われた


 修復作業を終えたフェルスタッペンが新品のソフトタイヤを履いてタイムアタックに出たのは、セッション終了まで残り20分になろうとしていた午後4時39分だった。

レッドブル&HRC密着
フロアの修復作業を終え、コースに出て行くフェルスタッペン


 レッドブルのメカニックの努力により、セッションを続行したものの、フェルスタッペンは18周にとどまった。これはフリー走行2回目でトップタイムをマークしたカルロス・サインツ(フェラーリ)の28周より10周も少ない。


 さらに、コースインしたものの、フロアは完全には修復されておらず、18周のうち修復後に走行した10周は、ややダウンフォース不足で走行したものだった。


 したがって、フェルスタッペンの4番手のタイムも、まだまだ伸び代がある。初日のフリー走行を終えたフェルスタッペンも手応えをつかんでいるようだ。


「全体的にはうまくいっている。だから、明日の予選が楽しみだ」



(Masahiro Owari)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号