F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、F1を離れた後にチームに留まることには興味を持たず「ドライブしないなら、他の楽しいことをしたい」

2022年6月8日

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はドライバーとしてF1を離れた後、F1で活動を続けることはないと述べ、コンサルタントやチームアドバイザーとしてパドックに出入りすることへの野心はないと述べている。


 現世界チャンピオンであるフェルスタッペンは2015年にF1でのキャリアを開始し、これまでのところ24回の優勝を飾り、世界選手権タイトルを獲得している。フェルスタッペンのファンは、少なくとも現在のレッドブル・レーシングとの契約期限である2028年まで、フェルスタッペンが彼らを楽しませ続けてくれると安心できるだろう。


 それ以降はあらゆることが起きる可能性があるが、もしフェルスタッペンがF1から離れることを選択した場合、彼はドライバー以外の立場でF1に戻ってくることはないという。


「アナリストやチームの何かの役割を務める僕を見ることはないだろうね」とフェルスタッペンはオランダの雑誌『Formule 1』に語った。


「僕にはそのモチベーションがない。もし自分でドライブしないなら、他の楽しいことをしたい」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)&ヨス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)&ヨス・フェルスタッペン


 しかしフェルスタッペンはヘルメットを脱ぐ日が来たら、「しばらくそこから離れるのはいい気分だろう」と認めた。フェルスタッペンの父親で、元グランプリドライバーのヨス・フェルスタッペンは、彼の息子の将来への見通しに理解を示している。


「今は人生のすべてがレース、F1を中心に回っている。ある時点で、もうたくさんだとなる」とヨスは語った。


 しかしヨスはいまだに競争への衝動を持っており、今はラリーに魅せられている。だがマックスは自分がその道を進むとは考えていない。


「問題は、僕が何かに参加すると、本当に勝ちたくなってしまうことだ」とマックス。「でもその経験がないことは分かっている。僕はラリーで成長したのではないからね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号