F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リバティ・メディア、F1スポンサーシップへの関心の高まりを明かす「断らざるを得ないほどチームにオファーが来ている」

2022年6月7日

 F1を所有するリバティ・メディアのCEOグレッグ・マフェイは、F1に関心を持つ層に変化が生じつつあることから、現在のF1に非常に多数のスポンサーが加わってきていると語った。


 ほぼ毎週のように、F1チームから新たなスポンサー契約の発表が行われている。オラクルやコグニザントといった巨大テクノロジー企業から消費財メーカーまで、昨年以来、多数のグローバル企業がF1チームと新契約を結んでおり、企業がF1スポンサーシップ契約を求める動きが減る兆しは見られない。


 先週モナコで『Financial Times』と『Motorsport Network』が実施した『Business of F1 forum』において、F1のCEOステファノ・ドメニカリが、F1にこれほど新たなスポンサーマネーが流入しつつあるのは久しぶりのことであり、今はチームがスポンサーシップのオファーを断らなければならないほどの状況にあると述べた。マフェイもこれについて「そのとおり」と同意し、「マシンに新たにロゴを入れる余地があまりないと思う」と語った。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第7戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

「テクノロジーを本当に理解している人々からの関心が高まったことが大きな要因だ。シリコンバレーのテクノロジーコミュニティにおいて関心が高まってきた。どれだけ多くのマシンが、複数ではないにしてもテクノロジー企業のスポンサーロゴをつけているかを見てほしい」


「それでひとつの層が開拓された。また、よりカジュアルにドライバーのストーリーや個性を高く評価するファンも出てきた」


「若いファンが増えている。ある調査(『Motorsport Network Global F1 Fan Survey 2021』)によると、平均年齢が4歳下がった」


「それにより、F1を魅力的だと考える消費財メーカーやブランドが開拓された。多岐にわたるスポンサーの関心を引き寄せることができたことは、大変に幸運だ」


 最近では、テクノロジー産業の一部であるデジタル通貨市場、つまり暗号資産の業界からのスポンサーシップが急激に増えている。


 ほぼすべてのチームが現在では暗号資産企業のパートナーを持ち、F1自体がクリプトドットコムと契約を結んでいる。クリプトドットコムは、世界でも急成長中の暗号資産プラットフォームであり、2021年にF1のグローバルパートナーとなり、スプリントレースのパートナーも務めた。

2022年F1第5戦マイアミGP カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第5戦マイアミGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

「暗号資産の業界の奥深さを考えてみてほしい」とF1フォーラムでマフェイに同席したドメニカリは発言した。


「我々は暗号資産の10ブランドと提携している。ソフトウェアビジネスも同様の状況にあると言える。非常に健全な状態だ」


 F1の若いファンに話が戻ると、グレッグ・マフェイはNetflixシリーズ『Drive to Survive(邦題:栄光のグランプリ)』を、F1のファンが拡大された主なきっかけのひとつに挙げた。


「若いファンについては、Netflixが多くの人々にF1を広めてくれたおかげだと思う」とマフェイは語った。
「だが素晴らしいのは、こうした若い人々がさまざまな方法でF1にやってきたということだ」


「ソーシャルメディアは大きな働きをしている。ゲームもだ。ランド・ノリスとしてプレイし、ランドがレースをしているのと同じコースでレースをすることができる。これは多くの若いファンにとって非常に魅力的だ」


「7年前には存在しなかったものだ。これは計画されたことではなかった。F1をオープンにして、より魅力的なものにする。もちろん、近寄りがたい要素もあっただろう」
「だがすべてのファンが触れることができる要素もあるのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号