F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン「今日の雨はチャンスをもたらしてくれなかった」メルセデス/F1第7戦決勝

2022年5月30日

 2022年F1モナコGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは8位、ジョージ・ラッセルは5位だった。


 ハミルトンはレースのほとんどをアルピーヌの後ろで走ることになり、エステバン・オコンとのバトルではフロントウイングにダメージを負った。レース後半はフェルナンド・アロンソの後ろを走った。アロンソは一時非常に遅いペースで走行していたが、ハミルトンは抜くことができず、上位との差は広がっていった。


 ラッセルは、ランド・ノリス(マクラーレン)の前に出て、グリッドよりひとつポジションを上げた。終盤はタイヤのグレイニングに苦しみ、ノリスがすぐ後ろまで追いついてきたが、ポジションを守り切った。

2022年F1第7戦モナコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とエステバン・オコン(アルピーヌ)
2022年F1第7戦モナコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とエステバン・オコン(アルピーヌ)

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=8位
8番グリッド/タイヤ:ウエット→インターミディエイト→ハード→ミディアム


 モナコではよくあることだ。レースのほとんどを他のマシンの後ろで走り続けるしかない。ペースが遅くても、オーバーテイクはできないんだ。


 雨が降ってきた時には喜んだよ。通常ならチャンスが生まれるからね。でも残念ながら今日はそうはならなかった。インターミディエイトで走っていた時、オコンを抜くことができなかった。


 きつい週末だった。予選の赤旗など、いくつか不運な状況にも見舞われた。だから気持ちを切り替えて、次のバクーに向かうのを楽しみにしている。モナコの低速コーナーに似ている箇所もあるけれど、違うタイプのサーキットだ。さらに前進して、バルセロナの時のように、比較的良いレベルのパフォーマンスを発揮できるといいね。

2022年F1第7戦モナコGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第7戦モナコGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=5位
6番グリッド/タイヤ:ウエット→ハード→ミディアム


 きついレースだった。バンピーな乗り心地が身体に負担だったし、さまざまなコンディションを走る長い午後だった。ウエットタイヤでできる限り長く走ることを目指したので、大変だった。ピットストップの後、ランドといいバトルができた。ハードタイヤでは良いペースを発揮できたよ。


 その後のミディアムでは苦労した。終盤にひどいグレイニングが出たんだ。でも5位というのはまずまずの結果だよ。


 モナコのコースでは、マシンに関していくつか課題に直面したが、たくさんのことを学習したので、今後、前進のためにしっかり役立てたい。


 全体的に悪くない結果だから、これからさらに強さを増していけると信じている。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号