F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール2位「ミディアムタイヤで苦戦したことで勝利を失った」フェラーリ/F1第5戦決勝

2022年5月9日

 2022年F1マイアミGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2位でフィニッシュした。


 ポールポジションからレースをリードしたルクレールだが、9周目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に抜かれて2番手に落ちた。レース後半にDRS圏内まで詰め寄るシーンもあったが、オーバーテイクはできなかった。


 フェラーリは、「重要な要素となったのは、ファーストスティントでのミディアムタイヤの挙動だった」とレース後にコメントしている。


「7周目以降、ミディアムでのペースが落ち始め、その2周後にフェルスタッペンにオーバーテイクを許してしまった。その後、シャルルはフェルスタッペンについていくことしかできず、そのうち1周コンマ数秒ずつ失って、タイヤ交換に入ることになった」

2022年F1第5戦マイアミGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第5戦マイアミGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=2位
1番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード


 全体的に見て、マイアミでは(決勝までは)良い週末を過ごしてきたのに、優勝を逃がすことになってがっかりしている。ハードタイヤではペースが良かったが、ミディアムでは少し苦労した。今日は、ミディアムではライバルの方が速かったため、ファーストスティントでギャップを縮めることができなかった。


 セーフティカーの後、首位を奪還できると考えていたが、そこまでには至らなかった。


 今週末の雰囲気は最高だった。素晴らしいショーになったと思うし、またここに戻って来るのが楽しみだよ。


(レース後の記者会見で語り)ミディアムタイヤでのランの終盤について分析する必要がある。今回のレースで弱点だったのはそこだからね。


 5周か6周走るとフロントタイヤにデグラデーションが出て、苦しみ始め、そのスティントでリードを失い、タイムも失い、基本的にレースを失ったんだ。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号