F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅、トップ10圏内にとどまれず「今日のパフォーマンス不足は悔しい」チームは苦戦の原因を調査へ/F1第5戦

2022年5月9日

 2022年F1マイアミGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は12位を獲得した。角田は13番手でフィニッシュしたものの、他者がペナルティで降格されたため、12位に繰り上がった。


 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは角田のレースについて、次のように振り返った。


「予選では強力だっただけに、今日の決勝結果にはがっかりしている」
「裕毅はファーストスティントで苦戦した。そのため、早い段階でタイヤ交換をするというギャンブルをしたのだが、セカンドスティントでのペースやマシンバランスは、やはり一貫性がなく、そのため、順位を上げていくことが難しかった。この問題が起きた理由を理解するため、すべてのデータを調べる必要がある」


「ソフトタイヤでの最終スティントでは裕毅のペースが多少改善したものの、そこからポジションを上げるには周回数が足りなかった。そのため、彼はポイント圏外でフィニッシュすることになった」


「次のバルセロナに着くまでの間に、大量の作業を行わなければならない。今日のパフォーマンスの理由であるさまざまなファクターを理解する必要があるからだ。それによってパッケージを前進させ、再びポイントを獲得できるポジションに戻ってきたい」

2022年F1第5戦マイアミGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第5戦マイアミGP 角田裕毅(アルファタウリ)

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=12位
9番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ソフト


 今日は本当に残念です。1周目、ペースに苦しみ、何台かに抜かれてしまい、そこから挽回できないままレースを終えました。
 FP1から良い形でマシンへの自信を築き上げていました。そのため、今日とてもパフォーマンスが悪かったことは悔しいです。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号