F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル、2016年以来の1-2で選手権首位に肉薄「これで失意から立ち直ることができる」と代表/F1第4戦

2022年4月25日

 2022年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは2位だった。レッドブルにとって、2016年マレーシアGP以来の1-2だった。


 ライバルのフェラーリは、カルロス・サインツがリタイア、シャルル・ルクレールが6位に終わり、コンストラクターズ選手権において、この週末、20点追加するにとどまった。レッドブルは58点を獲得し、ポイントリーダーであるフェラーリとの差を11点まで縮めた。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー


 我々にとって過去最高のリザルトのひとつといっていいだろう。(スプリントフォーマットの)週末を通して、我々チームは、あと1点で最大限のポイントを確保するところまでいったのだ。


 マックスもチェコも、素晴らしい走りをしてくれて、それによって、2016年マレーシアGP以来の1-2を達成できた。サーキットにいるメンバー、ミルトン・キーンズのファクトリーで働くメンバーを含め、チーム全員を誇らしく思う。彼らは驚異的なパフォーマンスを引き出すことに成功した。それは、(フェルスタッペンがリタイアした)オーストラリアから立ち直るために必要なことだった。


 シーズンは長い。今回のリザルトから多くの自信を得て、2週間後のマイアミでさらに好結果を重ねることを目指す。



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号