F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】復帰に対する疑問を一掃したアロンソとセカンドに収まらない実力を示したサインツ/スペイン人ライターのF1コラム

2022.01.13

 2021年シーズンは、印象に残る結果を残したカルロス・サインツ(フェラーリ)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1)。ふたりのチームメイトと比較しながらそれぞれのパフォーマンスをスペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが分析する。

---------------------------------

 2021年のF1シーズンは、主にマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の間のタイトル争いと、その年の最終レースのまさに最終ラップでドライバーの運命が逆転するという信じられない結果が見られたということで記憶されるだろう。しかしながら、2021年には今後数年にわたって大きな重要性を持つかもしれない他の多くの関心事を目にしたことは否定できない。そのうちのひとつは、F1のふたりのスペイン人ドライバーにとって素晴らしいシーズンだったということだ。カルロス・サインツ(フェラーリ)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1)のことだ。

 彼らのデータを考慮すると、ふたりはこれまでに最も成功したスペイン人F1ドライバーということになる。2度の世界チャンピオンであるアロンソの場合は明らかだが、サインツは今シーズンを5位でフィニッシュし、表彰台も数回獲得した。これによりサインツは、2006年ハンガリーGPで2位につけた“日本一”のペドロ・デ・ラ・ロサと、1956年にシルバーストンでフェラーリを駆り、ピーター・コリンズと表彰台をともにした貴族出身のアルフォンソ・デ・ポルターゴといったドライバーたちを上回った。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号