F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:過保護なオーナーの方針に不満を募らせるアストンマーティン

2022.01.12

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アストンマーティンF1が、2022年に適用されるF1競技規則のうち、全チームにFP1で年間2度のルーキー起用を義務づける内容の変更を阻止すべく動いている。これは、インシーズンテストが廃止されているなかで若手ドライバーをF1のスピードに慣れさせる方策のひとつとして設けられるものだ。

 ローレンス・ストロールが2018年夏にオーナーとなって以降、チームはフリー走行のみならずルーキーテストにさえ若手ドライバーを使っていない。昨年12月に行われたテストでは、シミュレータードライバーのひとりであるベテランのニック・イエロリーが走行している。

 ストロールが、息子であるランス・ストロールにとって直接の競争相手となる若手の投入を拒んでいることが、規則変更に反対を唱える理由だが、他の9チームはすべて変更を支持しており、彼の試みは失敗に終わるだろう。

 しかし、セバスチャン・ベッテルの引退時期が近づき、ランス・ストロールはいまだにチームリーダーや優勝候補者となり得るだけの力を示せていないにもかかわらず、他の選択肢が存在していない現状に、チーム内でも不満がつのっているようだ。アストンマーティンにタイトルをもたらすのは息子だとする父親の見方に同意する者は皆無だという……。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号