F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリー、ウイング破損&パンクも予選4番手「最後まで走れたらもっといいタイムが出た」/F1第20戦

2021年11月21日

 2021年F1カタールGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは4番手だった。決勝はソフトタイヤでスタートする。


 Q3終盤、ガスリーはターン15の出口で縁石に乗った際にフロントウイングを破損、フロントタイヤがウイングで傷つけられてパンクした。ガスリーはピットストレートでストップしたが、最初のランで記録したタイムで4番手を確保した。

2021年F1第20戦カタールGP 予選Q3終盤にウイングおよびタイヤの破損に見舞われたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP 予選Q3終盤にウイングおよびタイヤの破損に見舞われたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)
FP3 4番手(1分22秒835:ソフトタイヤ/17周)
予選 4番手(Q1=8番手1分22秒535:ソフトタイヤ/Q2=2番手1分21秒728:ソフトタイヤ/:Q3=4番手1分21秒640:ソフトタイヤ)


 今日の予選にはすごく満足している。素晴らしい予選になったよ。またメルセデスとマックス(・フェルスタッペン)のすぐ後ろの位置なんてすごいことだ。


 最後のラップではもっと速いタイムを出せたはずだった。0.15秒縮めていたんだが、ターン15の縁石に乗って、フロントウイングを失い、そのウイングで右フロントタイヤがパンクした。


 とはいえ、今日の予選では強さを発揮することができたし、明日に向けていいポジションを確保した。今回もアルピーヌ勢が近くにいるから、決勝では激しいバトルになるだろう。


(予選直後にコメントし)縁石を越えたらフロントウイングが完全にマシンの下に落ちてしまって、右フロントタイヤをパンクさせた。マシンから火花が出たよ。


 ターン1まではかなり長いストレートだから、スタートのパフォーマンスを最大限に発揮したい。ソフトタイヤでスタートすることは決まっている。タイヤに関してさまざまな戦略を採る余地があるし、タイヤをたっぷり持っているのは重要なことだよ。



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編