F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIA、メルセデスの再審請求を棄却。フェルスタッペンのペナルティの可能性が消滅/F1第19戦

2021年11月19日

 F1第19戦ブラジルGPにおけるマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のインシデントに関し、メルセデスが再審請求を行ったことを受け、スチュワードは関係者のヒアリングを行った結果、この請求を棄却することを発表した。


 決勝中にフェルスタッペンとハミルトンが首位をめぐってバトル、フェルスタッペンが防御するなかで2台はコース外に飛び出した。両者はそのまま走行を続け、後にハミルトンがオーバーテイクを成功させて優勝を飾った。


 フェルスタッペンの防御が行き過ぎであるとの見方も多かったが、スチュワードは審議不要という判断を下した。審議すら行われなかったことを不満に思うメルセデスは、レース後、再審請求を行った。

2021年F1第19戦ブラジルGP 首位争いのなかでコース外に出てしまったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第19戦ブラジルGP 首位争いのなかでコース外に出てしまったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

 再調査が認められる条件は、決定が下された時点では関係者が入手することができなかった「重大で、関連性のある新しい要素」があるかどうかであり、スチュワードはそれを判断するためのヒアリングを18日に実施、メルセデスとレッドブルの代表者がこれに出席した。そして金曜のFP1終了後、スチュワードはメルセデスの再審請求を棄却することを発表した。


 スチュワードは、メルセデスが証拠として上げたフェルスタッペンの車載映像は、インシデントが起きた直後に入手することができなかったものであり、関連性のある新しい証拠であるとは認めたが、重大な証拠であるとは認めず、そのために再審の条件を満たさないと判断した。スチュワードは「(証拠の)映像には、事実を基本的に変えるようなものは存在しない」と述べた。


 スチュワードのこの決定により、ブラジルGP決勝でのフェルスタッペンとハミルトンのインシデントについて再調査は行われず、フェルスタッペンに新たにペナルティが科される可能性はなくなった。



(autosport web)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号